言いたいこと以外言わないソレ

言いたいこと以外のことを言わない文章の集まりです。

忘れないうちに書いておく「SULLIVAN's FUN CLUB『Panta rhei』を聴いて」

 


SULLIVAN's FUN CLUB というバンドの、Panta rhei というニューアルバムを聴いた。

 

画像

 

 

それがかなり衝撃的だったので、書く。


つい20分ほど前に一週目を聴き終えたばかりだけど、今感じているこのアチアチの感情をそのまま文字にぶち込みたい気分なので、書く。

 

 

 

このアルバムは、凄かった。

 

みんな聴くべきだよ。聴いてくれ。

 

このくらい凄いだろう、と想像していた凄さを、はるかに超える凄さだった。

 

 

 

 

ジェットコースターに乗っていて、レールに沿って走るのだろうと思っていたら、車体がふわりと浮いて垂直落下した。落下した方向に、計算されていたかのようにレールは続いている。コース外を疾走し、ぎりぎりで通れるかの隙間をジェットコースターは走り抜け、車体とレールとが擦れて火花と金属音を上げている。不思議と高揚感のみが胸元を過ぎていく

 


・・・・・・もう、なんだかわからんのだけどこうなのですよ!!こう!!

 

 

ああ!! こうなんです!! もう説明不要なくらいだ!!

 

 

説明が欲しければ聴いてくれ!! 

 

それが俺の説明だ!! 俺の言わんとしていることをわかってくれないか!!



 

ほらここにSpotifyあるから!!!



open.spotify.com




 

ああわかった、とにかく、自分の為にも、忘れないうちに書いておこう。

 

そのPanta rheiにムチャクチャにされた男の、心の上下動を読んでくれ。




TOWER RECORDS 商品リンク

tower.jp






◆もっとマトモな前置き

 

本記事はロックバンド「SULLIVAN's FUN CLUB」の、2021/9/8リリースニューアルバム「Panta rhei」に関する感想文です。



ロックバンド「SULLIVAN's FUN CLUB」って何?という方はおそらくこのリンクから辿って経歴でも読めばよいかも。手っ取り早いのは音楽を聴くことだけど。

 


基本的な機能としては未来の自分に対する覚え書きですが、読者の皆さんにもこのロックバンドの最高加減を共有したく筆を取った部分も多いです。

 

あくまでも音楽の素養の無いトーシロの感想文ですので、音楽的見地からのコメントとかなんかじゃなく、ただこの音楽に対する感想を書き連ねていきます。

 

 

 

 

【注意】

Panta rhei は、すくなくとも一週目は、ループ再生をかけた状態で、「順番を守って」聴くことを強く推奨します。

 

 

 

 

 

 

 

M1. DESTRUCTION



www.youtube.com

DESTRUCTION、すなわち破壊。

タイトル通り、この曲はまさに「破壊」の曲だと思う。

 

鬱々としてうだつの上がらない閉じた視界を、明らかに非効率に見える、どうみてもデカすぎるハンマーで、粉々に、粉々に、破壊してくれる

そんな圧倒的な破壊力を持った歌声とドラム、ベース、ギター唯一無二の破壊装置だ。

 

 

この曲を音量マックスにして聴いていると、なんだか自分が無敵になったような気すらする。


いや、知っている。自分が本当は無敵なんかじゃないと知っている。

食欲性欲睡眠欲、どうしようも無い承認欲求や自己顕示欲、目に余る自分可愛さと怠慢、自分はダサいとしっている。

 

でもだからこそ、その全身全霊の音楽がどうしようも無く自分を無敵ナイズしてくれているような気がする。

 

 

 

「愛してもらおうだなんて 思うのはやめだ

 退屈の果てに溢れた 涙で歌に火がついた」

 

「許されようだなんて 俺は思わないぜ」

 

 

SULLIVAN's FUN CLUBの反骨精神が見え隠れするこの歌詞が、稲妻のように体中を迸り、雷鳴のように心臓に轟く。

これがサリバンのすてきなところの一つだとおもう。

 

愛してもらおうだなんて思うのはやめだ、なんて潔くて気持ちいい歌詞。

 

 

 

 

「今から全部 壊してみよっかな」

 

全部、全部を壊してくれと思うくらい、息の詰まっているオレタチに、この歌詞は特大のハンマーを授けてくれる。

 

そんな曲だと僕は思う。

 

 

 


作詞作曲のヨシダレオさん直々のセルフライナーノーツによれば、このアルバムを通してのコンセプトは「万物流転/破壊と再生」だという。

 

「DESTRUCTION」から始まるアルバム、この構成も本当に最高だ。






 

 

M2. 火花

 

open.spotify.com
DESTRUCTIONから、転がり込むように二曲目、火花。

 

先ほどよりもさらにアップテンポな曲で、ほんとに火花って感じだ。

 

 

「正しくいたいがため 魂をすり減らし待って

 信じ待って 死んじまって 最後笑うやつがいる」

 

なんてピュアなんだ。なんていびつな真っすぐなんだ。

 

(ちょっとまだ歌詞カードが家に無いので、ここの歌詞が「信じ待って 死んじまって」かどうか確証はないんですが、なんとなくそんな気がする、ので、今は感じたままに書きます。もし違ったら加筆修正致します。)

 

 

(09/08/13:05追記 寝て起きたらMVが上がっていました、それによると合ってるみたいです、やった~)

youtu.be

 

 

SULLIVAN's FUN CLUBの歌詞の良い所って、ほとんど奇をてらっていないところだと思う。

 

いかにカッコつけられるかのバトルが横行するこの世で、サリバンはあくまでも等身大な歌詞を原液のままぶっかけてくる感じ。

 

ね、いいでしょSULLIVAN's FUN CLUB。

 

 

「たとえば この世界が終わってしまおうとも

 涙は似合わないと 夜の中で もがくのだ」

 

もがく、という表現がさいこうだ。涙は似合わないから笑う、とか、すぐそんなに切り替えられない僕らだから、必死にもがくのだ。

 

 

まだライブ映像のモニタ越しでしか見たことないんだけど、ベースのハセガワペイさんと、ギターのヨシダカズマさんの演奏の仕方が僕はとっても大好きで、血の一滴まで音楽してるって感じて、見ていてビリビリしてしまう。

 

(これは参考映像)

www.youtube.com

 

 

この火花という曲、絶対ライブで聴きたいな。

 

有観客かつ有歓声の中で、いつか最後の「ラ ラララ」を一緒に叫べるんだろうか?

 

その時はみんなライブハウスで会おうね。

 

 

 

 

 

M3. 教育

 

open.spotify.com


DESTRUCTION、火花でブチ上げられて、どんどん更新されていく「想定される凄さ」を、飄々と越えてきた曲がこの「教育」という曲。

 

 

あ、以後ずっとこんな感じ。

 

「想定していた凄さ」が毎曲ごとに更新されて、天井知らずのスパイラルに巻き込まれていくから、ヨロシク。

 

 

アルバムのティザーでこの曲がチラ見せされていて、そのときから「ああこれは絶対に好きなやつだろ」とおもっていたけど、まさかここまでボディーブローを食らわせてくるとは、思わなかった

 

 

この曲、個人的に刺さり過ぎた。ゲロ吐くかと思ったよ。

 

 

 

すこし甘酸っぱいけど、どこか決定的に青臭くて気まずいようなサウンド

サリバンは勢い任せなんかじゃなくて、こんな幅のある音楽を提示してくれる。最高。

 

 

 

「なんかほんとまじサムくてごめんね

 だらしないのは僕で 泣き出したいのは君です」

 

 

この入りだしの歌詞がもうゼンブを物語っている。

 

ああダメなんだなこいつは、とわかる僕もダメなやつなのだ。ああダメだ。

 

 

好きな女の子を前にして、その子の前でろくにカッコつけることもできないような、ダサいおまえとオレタチにはゲボ吐いちゃうくらいこんな曲が刺さる

だろ?

 

 

 

 

「最愛なる君にもっと何かできた何ができた」

 

「採点不能なラブで いつも君を困らせてしまって

 通信簿はボッシュート君の部屋に置いておいて

 センセイ僕にどうか チャンスくれないでしょうか

 

「もう一度教えて

 

 愛のルールどうか教えてくれ」

 

 

 

この歌詞、刺さるおまえはこのアルバムを買ってくれ。

 

アルバム持ち寄って、北24条の松屋に集合な。

 

でも、ダサいオレタチはたぶん集ったとしても救いようのない会話をして解散するんだ。だからいいです。

 

 

 

好きなきみをどうにかしてしまいたいくらい好きなんだけど、どうしても不器用でダサいのだ。というか、君に愛されるほどの僕じゃないのだろうか? いやそもそも、そんなこと、イケてるやつは思わないんじゃねえの? やっぱ俺ってイケてないよな 髪型なのか? ん?

 


ぐるぐる回るダサさを一蹴する、

 

あんたホントマジだっせえ

のコーラスが良い。

 

 

 

あ~~~いい。全歌詞が光ってる。

本当にだめなオレタチ、このアルバムを聴いてくれ。

 

 

 

あ~~~~~~~~最高・・・。

 

 

・・・・・・助けてくれ~~~~・・・殺してくれ~~~・・・!!

 

 

俺ホントマジだっせえ・・・

 

 

 

 

M4. 虎

 

open.spotify.com

 

 

どうやら、この「虎」は、獰猛に野生を駆けずり肉を貪る、王者然とした「虎」なだけではなく中島敦山月記に登場する「虎」然とした「虎」であるようだ。

 

 

 

「己の罪の歌」とあるが、歌詞からも少しそんなところが読み取れる。

 

「"なんちゃって" の笑う声を夢に見て虚しくなった」

 

という歌詞から、サリバンの音楽としての「虎」の中に、ヨシダレオさんのつぶやきをなんとなく感じられた。


ヨシダレオ - 祈りpart2(lyric video) - YouTube  去年にヨシダレオさんが個人名義でうたっていたこの曲に少しだけ近しいものを感じた。これは、僕の勝手な妄想。)

 

 

 

悲鳴を上げるようなギターサウンドとドラムが耳に突き刺さる。

タダカズキさんのドラムが変態的で好きだ、良い・・・。

 

 

 

「俺は何を探していたのか 今更 思い出せないな

 それでも

 答えないでくれ 見つめないでくれよ

 あぁ怖いから」

 

「所詮虎のよう 所詮虎のようだ

 月に吼えるだけ

 こんなんじゃ誰にも相手にされないぜ」

 

 

このいわれも無い苦しさを、どうして一つの音楽に書き表すその行為が可能なのだろうか。

そしてその世界観を、SULLIVAN's FUN CLUBはドラム、ギター、ベースで再現してしまっている。

 

 

臆病な自尊心と尊大な羞恥心やその他もろもろのせいで、獣に身を落としてしまった李徴を、ヨシダレオさんは笑えないという。

 

 

サリバンの引き出しはこんなにも深く広かったのかと息を呑むバンドサウンドが優しく悲鳴を上げている、歌い上げるその歌詞は突き刺さる

 

 

 

 

 

 

 

 

M5. ときめき

 

open.spotify.com

 

うわうわうわうわ~~~~!!!!!!!!!!!!!!!!!B面突入~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!!

 

イントロから先ほどの曲と打ってかわって、電撃のパチパチするような幸せを感じる。

 

 

ライブ会場で手拍子をさせてくれ~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!

ああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

「二人で息を止めて 月までジャンプしよ

 地面を蹴った街頭の下 手と手を繋いでみた」

 

 

 

この表現!!!!!!!!!!!!!

 

オイ!!!!!!!!!!!!

 

なあ・・・・・・。

 

最高じゃんか、こんな感じのきらきらした恋をしよう。

 

 

曲が進むごとに、Panta rhei」というアルバムの最高具合が更新されていく、聴けば聴くほど完成されていく、構築されていくアルバムだ。

 

 

サリバンは、幸不幸差別なく等身大で俺らをズタズタにしてくれる。

 

 

「2人で毛布被って 少しだけ笑う

 まるできょうだいかなんかのように 少しだけ笑う」

 

この詞の幸福感、愛しさのなんと、なんと儚いことだろう。一瞬静まるその感じも良い。全部いい。

 

あまりにも、かんぺきに近い幸せに涙が出そうだ。大好きな人のすぐ隣に居れたらいいのにと思う。

 

 

 

「変わらないものを探しては 変われないままときめいてる」

「変われないものを抱きしめては 変われないまま輝いてる

 

「君の声 張り付いたまま 消えないメロディ」

 

 

この曲の歌詞カードが早く欲しい。それだけでピカピカした宝物みたいだとおもう。

この心に刻み込んで忘れないでおきたい。

 

ずっと時間が経つと忘れてしまうような、そのときめきが、痛いほどに存在を主張する。

 

 

 

君となら月までジャンプできると思えてしまうくらいのときめきを、ちゃんとおれははぐくめればいいなと思う。

 

 

「もっとこっちへおいで 一生離れないで 消えないでいてね」

 

鮮烈な歌だ。ああ、いい!!!!!

 

忘れていたこの感情、COME BACK!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

M6. パンタ・レイ

www.youtube.com


パンタ・レイ(Panta rhei)とは、古代ギリシアの哲学者ヘラクレイトスの「万物は流転する」との思想を表す語である。

 

このアルバムのタイトルにもなっていて、主軸の一つでもあるという。

 

 

流転とは、宗教的に言えば、輪廻転生のことであり、一般的にいえば、ひとつの状態にとどまらず移り変わることである。

 

 

すべてのものは、ずっとおんなじ状態であり続けるなんてありえない。

そんなことを言われると、大切な人のことを脳裏にうかべてしまう。

 

読者の皆さんも脳裏にうかべたんじゃないだろうか、いつまでも在ってほしいものやひとを。

 

 

 

本当に不思議な曲だと思う。

 

聴けば聴くほど、歌詞が沁み込んでくる。直撃するようなDESTRUCTIONともちがくて、深夜から朝の日が入り込むように、徐々に歌詞が沁みてくる

 

 

「ゆうべ 俺 おやすみって言えばよかった

 糸は切れた」

 

「ゆうべ 俺 夢見たんだ

 アイツ ふらっと還ってきたんだ

 そんで 俺 嬉しくなって泣いた

 あいつは困って 笑った」


ここの詞が、とても、とても、どうしようもなく切ない。

 

 

「それでも逢いたい・・・」

 

と歌うこえと、すこしだけ弱々しくうたう

 

「あなたに逢いたい・・・」

 

の対比が凄く心に来る。

 

それでも逢いたい、と熱望する反面、すでに他のところにいってしまったものに対して、もうきっと戻らないことをしっている。

 

しかし、万物は流転する以上、いつかまた逢えるのかもしれない。

 

 

いまある幸せのおわりを考えて、ボロボロ泣いてしまった。

 

 

 

ちなみに、二番のサビに入る瞬間のサイレンの音は、ギターで再現しているらしい。

凄。

ソースは一週間くらい前のヨシダレオさんのInstagram

 

 

 

 

 

M7. Mr.Pastman

open.spotify.com

 

このアルバム唯一の、ハセガワペイさん作詞曲。

 

 

本人からのコメントが最高。

 

そうです、ときめいてる我々は本当に愚かな生き物です。

 

 


「間違ってないよ 君は僕のことが好きさ

 君の口からはなかなか聞けそうにないけど」

 

この恋は盲目な感じ、ああわれわれはばかなのだと思う。

 

 

「なんだっていいよ素敵な君と居れるなら

 過去もこれからも 君のこと全部愛してる」

 

少し強がりも含まれているのだろうか、しかしひたむきな感じが最高。おれたちこうありたいね。

 

 

この歌詞と楽曲の雰囲気から、ペイさんとレオさんはたぶんだけどユニコーンとか聞くんでしょう、と思ったんですけど、どうでしょう、見ていたら教えてください。僕は「大迷惑」と「自転車泥棒」が好きです

 

 

そして最後の好き放題やるドラム、ギター、ベースが本当に楽しい。音楽っていいなって思う、ライブが楽しみになってしまう。

 

先ほどのパンタ・レイでボロボロ涙をこぼしていたのだが、気づけば暗い部屋で適当な踊りで踊り狂っている自分がいた

 

 

本当に凄いアルバムだ。メチャクチャにして再構築される。

 

 

 

 

 

M8. REBOOT

open.spotify.com

 

この曲のリメイク元?の「BOOT」は、以前にもこのブログで取り上げたことがある。

 

僕はこの曲を聴いたときの、雷に打たれたような衝撃をいまだ忘れることができなかったのだが、

REBOOTでは、その衝撃をさらに強烈に再体験させられた。

 

 

本当にPanta rheiは恐ろしいアルバムだ、最後の曲まで「想定」を覆し続けるのだ。

 

 

もはや脳内再生可能なまでBOOTを聴いていた僕は、最初の一音のベースで、「今までと違う!」と感じて、大興奮を覚えた。

 

一瞬で、鳥肌が止まらなくなった。

 

www.youtube.com

 

聴き比べてみると、ヤダさんのベースとペイさんのベースで、音のイメージがちがう。

 

どちらも大切なSULLIVAN's FUN CLUBの音楽で、同種のエナジーに満ちているように感じる、けれど新生SULLIVAN's FUN CLUBの音はBOOTのものと決定的に違うようにきこえる。

 

先に述べたように僕は音楽に対してなんの知識も持ち合わせていないので、音楽的なコメントはぜんぜんできないんだけど、何かは決定的に違う。

 

 

 

なんかわからないけど恐竜って感じだ。

 

は?

いや、言語化が難しいんだけど。

なんか恐竜って感じだ。

 

 

 

そして相変わらず楽しそうに音楽をする。歌詞のきらめきは変わらず、あたらしいSULLIVAN's FUN CLUB によって再解釈がなされている感覚。

 

 

やっぱり、

「転がってたどり着いた ここに答えなどあるもんか

 蹴り飛ばされた一瞬が 続いてくんだろ」

 

この歌詞と

「Nothing's over この火よ 消えないで」

 

この歌詞が大好きだ。なんど聴いてもいいな。

DOORとBOOTは自分の中で大事な時期に聴いていたから、すっごくシンボリックな意味を帯びているように感じてしまう。勝手に。

 

 

 

そして、シャッフル再生をしている場合、このままDESTRUCTIONにつながる、というその演出が心憎い。

 

この構成のせいで、俺は一生このアルバムから抜け出せないでいる。ブログ書きながら聴いているから五時間くらいずっと聴きっぱなしだ。

 

でも全然苦にならないね、ありがとうサリバン。最強のアルバムをありがとう。

 

 

 

 

 

◆終わりに

 

DESTRUCTION――破壊・脱構築に始まり、パンタ・レイ――万物流転を経て、再構築されたSULLIVAN's FUN CLUB での、REBOOT――再起動

 

 

サブスクでシャッフル再生の今に、アルバムひと繋ぎの中の可能性をびしびし感じさせられる名盤としか言いようがない

 

聴けば聴くほどらせん状に、最高地点を更新し続けながらのぼっていくPanta rheiというアルバムは、そのままSULLIVAN's FUN CLUBの進化し続ける姿をうつす鏡のようにも思えてしまう。

 

今までのアルバムとも違う演奏方法や楽器?も取り入れているように感じ、より引き出しが深く広くなったSULLIVAN's FUN CLUB。

普段あまりこの系統を聴かない方も、刺さる曲があったのではないかなと思う。

 

 

 

俺が最高だと思うバンドの最高なアルバムを紹介できて、とても満足している。

 

 

ヨシダレオさん、ヨシダカズマさん、タダカズキさん、ハセガワペイさん、マジで本当に、最高のアルバムをありがとうございます。

 

 

 

それではみなさん、聴いてね。

読んでくれてありがとう。僕はこれから眠ります。

 

 

 

 

Spotify Panta rhei - Album by SULLIVAN's FUN CLUB | Spotify

タワレコ予約 SULLIVAN's FUN CLUB/Panta rhei

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

追記1:2021/09/09

歌詞を訂正させていただきました。

追記2:2021/09/09

当記事は、出典がここだと明記していただければ、諸々の権利を侵害しない範囲で、スクショなどで引用していただいて構いません。

YouTubeを三か月見ない男【最終日/その前日】

f:id:bakabon-party:20210812123033p:plain

 

先週の日記

aodrips.hatenadiary.com

 

 

 

 

 

 

 

 

8月10日(火);(92/93)日目

 

さあ、なんやかんやあったが、時系列を遡って最後の振り返りをしよう。

 

f:id:bakabon-party:20210812135641p:plain

90日目(前回)、これを書き、まだ言っていないことが無かったか探しているうちに、自分の中の考えというか、書きたいことがまとまってくるのを感じた。

 

三か月分ほど日記を書いていて、意味性について考えることが多かった。でもそれについて述べるのは明日分にとっておいて、とりあえず「良かったこと、悪かったこと」について考えようと思う。

 

 

YouTube禁止のメリット

 

・文字媒体を読むのが苦じゃなくなる  

 

 動画を封じた場合、必然的にインターネットの娯楽は、映像でなく画像やテキスト、音声のみのコンテンツに絞られる。

すると、文字で人を笑わせたり、感心させたりするコンテンツを探求する力が強くなる。インターネットサーフィンが上手くなるのだ。

 

そのうえ、動画を封じているので娯楽への飢えがあり、文字媒体への抵抗がほとんどなくなる。

すると数学書とか大学のテキストとか、小説や実用書を読む力も付く。と思う。思い込みたい。

 

 

 

・映画とかで集中が切れなくなる  

 

これはマジ。

 

動画への吸収力がなぜか段違いになる。多分今ならどんなつまらないサメ映画でも夢中になって見れる気がする。

 

実際この日記でも

アラジンを見たり

チャーリーとチョコレート工場を見たり

したのだが、いつも見ている映画より集中できたような気がしている。

 

 

 

 

YouTube禁止のデメリット

 

・特に思いつかない  

 

なんだろう・・・。

 

あ・・・「動画が見れないから見れるコンテンツに限りがある」・・・とか?

 

うん・・・・これくらいかも。





○日記を書くメリット

 

皆無。

 

箇条書き程度ならいいけど、時間があほみたいに逼迫されるから俺には向いていなかった。

 

何が「日本の三大義務は日記 ダイアリー 日誌」だ、ふざけるな。そんなことする必要なんて1ミリも無いんだ。

 

f:id:bakabon-party:20210812151350p:plain

参考資料

(参照)

 

だから日記のメリットは特にない。

 

 

 

 

✖日記のデメリット

 

・時間が取られる

・毎日何かに追われる錯覚に襲われる

・日記のことを考えると動機が止まらなくなる

・日記の二文字を見ると強烈なめまいと吐き気に襲われる

・海で泳げなくなる

・海楼石に触れると力が出なくなる

 

以上。

 

 

 

 

 

いままで日記を書いてきて上手く書けたと思った回

aodrips.hatenadiary.com

16日目。

ついにYouTubeが見たくなってしまった回。

f:id:bakabon-party:20210812170021p:plain

 

 

f:id:bakabon-party:20210812170044p:plain

 

 

書いててそれなりに楽しかった。クソデカ赤文字を書くのはかなりすっきりするのでお勧め。

 

aodrips.hatenadiary.com

f:id:bakabon-party:20210812170433p:plain

f:id:bakabon-party:20210812170457p:plain

31日目。

芸能人格付けランキング。もっと大規模にやっていきたい。

 

 

aodrips.hatenadiary.com

50日目。

f:id:bakabon-party:20210812171608p:plain

 

YouTubeの現状を予想した回。

俺がオリンピックの開会式担当になったら、これを掘り返され糾弾され、辞退を余儀なくされるだろう。

 

 

 

 

 

8月11日(水);(93/93)日目

 

とうとう最終日(執筆時点では違う)だ。

 

とうとう来た、というような感慨があんまりないのは、これを完全に8月12日に書いているからだろう。

でもまだYouTubeは見ていない。

 

なぜなら、このブログ全体を通して問い続けてきた、この「意味性」に対する解答をまだ出せていないのだから。

 

 

結論から言うと、意味は存在した。

 

意味がないことがわかったから、意味があった、などという陳腐な結論でなく、明確な意味は存在した。

 

まずYouTubeによって時間の空白ができたことで、意識的に自分の「したいこと」と「無駄なこと」の葛藤を感じることができるようになった。

自分の内的な心理を客観視するというきっかけになったのである。

日記は最悪にしんどかったが、日記を書くということを念頭に置いて暮らせば、いやがおうにも「日記を書くための材料」を拾い集めようとしながら過ごしてしまう。

 

すなわち、「意味」について意識することそのものが意味を生んでいたのかもしれない。

 

 

「足りないこと」を認識しながら生きていくことによって、逆に浮き彫りになる「足りているもの」。

 

たとえば「キャンプ」はその一つ、また「断食」もそうだし、「断酒」もそう。でもそれらは大きなエネルギーを必要とするものだ。断食なんてとくにそう。以前も述べた通り、三大欲求に関する「縛り」はおそらく難しい。

 

でも手軽に「足りない」を意識することは簡単だということを、このYouTube禁止が示している。

YouTubeじゃなくたっていい。スマホTwitter、ケーキ、コンビニの利用。

 

生活の中から些末な何かを欠落させると、残ったものに目が向いていく。

 

「意味」がこれでいいのかはわからないけど、「足りないを知る」経験をしっかりできる経験ができてよかった。

何もしなかったら何も起こらない、静かな水面みたいな生活の中に、イベントを投げ込んでその波紋を観察する。

 

そういう経験をとる機会ができて良かったと思う。

 

 

 

そしてここまで15記事ぶんも読んでくれたかた、ありがとう。

Twitterで反応をくれたり、RT,いいねしてくれたひとたち、ありがとう。

 

以上。

 

 

 

YouTube禁止

 

これにて

 

終了 !!!!!!

うわああああああああああああああああああああああ

 

 

長かった~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

 

じゃあ!!

お疲れ様!!!!!!

 

サヨウナラ!!!!!!!!!

 

マジで!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

ARIGATOU!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

おわり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月12日(木);(エピローグ)

 

 

 

カタカタ・・・カタカタ・・・

 

f:id:bakabon-party:20210812215436p:plain

 

ッターン!

 

 

 

 

f:id:bakabon-party:20210812215502p:plain

 

 

ポチ

 

 

 

f:id:bakabon-party:20210812215827p:plain

 

 

・・・う~ん・・・

 

 

f:id:bakabon-party:20210812215935p:plain

 

・・・これではないな・・・

 

 

f:id:bakabon-party:20210812220004p:plain

 

あっ!

 

昔札幌で会って写真撮ってもらったことあるんだよね~~

 

思い出すとニヤける~~

 

 

f:id:bakabon-party:20210812220125p:plain

 

GQジャパン!

 

 

f:id:bakabon-party:20210812220217p:plain

 

・・・う~~ん、オモコロ多いな・・・

 

 

 

 

 

・・・カタカタカタカタ

 

f:id:bakabon-party:20210812220344p:plain

 

f:id:bakabon-party:20210812220421p:plain

 

なんで???

 

 

 

・・・あ、そういえば!

 

アレ見てないじゃん。アレ。

 

 

 

 

 

・・・カタカタカタ

 

 

f:id:bakabon-party:20210812220524p:plain

 

f:id:bakabon-party:20210812220554p:plain

 

 

f:id:bakabon-party:20210812220709p:plain

29日目(64日前)より

 

 

じゃ、いってきます。

 

これにてほんとにおしまい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:bakabon-party:20210812220827p:plain

 

 

 

広告すら懐かしッッ

 

 

 

おわり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

追追記

 

 

 

 

今、ひ、ひとが動いてる・・・こんな小さな板の中で・・・

って、現代技術を見せつけられた異世界の女騎士みたいになってます。

 

久しぶり過ぎてパソコンが固まったりしている。動画の流し方忘れちゃったのかな?

 

うわ~~~

 

動画への吸収力がブーストされた状態で動画を見ていると、エンタメ動画なのにグングン吸い込んでいる感じがする。

 

するもん、音。

 

脳の音。

 

 

いや、YouTube禁止リバウンドだけ怖いね…。

 

今度こそおしまい!

YouTubeを三か月見ない男【第十三週:8.3~8.9】

f:id:bakabon-party:20210803221532p:plain

 


先週の記録↓

aodrips.hatenadiary.com


 

 

 

来週の記録↓

【未更新】

 

 

第一日目↓

YouTubeを三か月見ない男 - 言いたいこと以外言わないソレ

 

目次↓

 

 

                 

 

今週もよろしくお願いします。

 あと一週間と二日です。

 

 

 ・・・あと一週間と二日!?!?

 

早いものですね、凄いな。やっぱり積み重ねって積み重ねているその最中はわからないものなんですね。

 

まあ大した積み重ねでもないんですけど。

 

 

以下、この企画のルールです。うわ~~~~~~~~ッッ!!

 

 

 

【ルール】

・今日5月11日から三か月後の8月11日までYouTubeを見ない。

・講義動画など、やむを得ない事情は対象外にする

・頑張って日記も書く。

YouTubeに限らず、動画共有のみを目的としたサイト(ニコニコ動画など)全般を利用しない。

                 

 

 

 

 

 

8月3日(火);(85/93)日目

 

さあ、最終週だ。

 

 

とかカッコよく言ってみたはいいけど、最終週ではない。二日分ほど余ってしまうことになった。

 

全然歯切れがよくない。もっと考えて、日数調整とかをしてから念入りに書き始めれば良かった…。

 

 

さて、ミンミンミンとアホみたいにセミが鳴いている。セミが鳴くのは求愛のためだという話は有名であるが、どうしてそれが求愛になるのだろうと思う。

 

人間は己の容姿・財力・知性・肉体によっていわゆる求愛を行うのに対し、セミは「ミンミンミン」の声のみで、やっぱりアホなのかと思ってしまう。

 

 

・・・が、詳しく調べてみると、 人間の「求愛」と動物、とりわけ昆虫の「求愛」は意味がちょっと違うらしい。英語では求愛行動の「愛」をひろいあげて「Love behavior」などとは訳さず、「Courtship behavior」と訳すらしい。この「Courtship」に対応する日本語は「交尾前の」という意味で、「交尾前行動」になる。結構素っ気ない言い方である。

 

すなわちセミが音を鳴らすのは、メスのセミがその音を聴き分けて、配偶可能なオスを探すためだというのだ。

 

Bluetoothかと思った。

 

 

 

というのを、セミの声を聴きながら、エアコンのついた部屋で書いている。

 

エアコンを考えた人は天才だ。意味が分からなすぎる。

 

エアコン・自転車・ラジオ。意味が解らないものがたくさんある。

 

 

 

 

 

8月4日(水);(86/93)日目

 

寝れないので日記を書く。寝付けない日が最近、続いている。

 

夜更かしが一日あると、そこから連鎖的に不眠が続くのが悩ましい。この連鎖を断ち切るためにはサッサと眠ってしまうか、このまま起き続けて、夜に気絶するように眠ってしまうのが一番である。

 

 

 

眠れな過ぎたので色々調べていたら、

 

こんなサジェストに遭遇した。

 

二段目、バカ過ぎない?

 

一段目はわかる。

自己暗示効果というか、画像によるヒプノセラピー的なものを期待しているのかもしれない。

 

 

 

しかし二段目、バカ過ぎない??

 

すぐ眠くなる までは全然わかるけど すぐ めっちゃ眠くなる っていいな。

ホントに眠りたかったんだな、とわかるから良いな。バカすぎる感じがするし。

 

 

 

 

しかし眠れない。

 

 

こんなブログを書いていても眠気は一向に襲ってこない。俺を襲ってくれ、とほうぼうに語弊を与えそうな表現が飛び出そうほど、眠れない。

 

こんなブログ、書き始めたお前がバカなのだ。

 

というかこの営為に意味などあるのか、何度も考え続けてきたその問が、再びあらわれる。

YouTubeを禁止したところで何なのか。ブログを書いたところでなんなのか。

 

それに関して、以前考えたじゃないか。

(以前 22日目 )

f:id:bakabon-party:20210811200116p:plain



こんな風にね。

 

 

でも、不安になる。意味性を排除して何も持ち帰れないことに、僕は心底怯えている。

ただでさえ考えナシの半生を歩んできたのに、三か月をドブに捨てている事態を招いているのではないかというこの現状に、すこしだけ恐ろしくなる。

 

 

そうだ、こんな時は全然関係ない替え歌を歌おう!

 

 

 

♬一部分変えるだけでなんか壮大な「アンパンマンのマーチ

 

そうだ 恐れないで

因果の 果てに

愛と勇気だけが 友達さ

 

 

♬そんなわけない「香水」

 

夜中に いきなりさ

チャフ撒いてるの」ってLINE

 

 

 

f:id:bakabon-party:20210812095303p:plain

チャフ

 

 

・・・ダメだ。終わりだ。もう終わりだ。

 

眠くなってきたから、寝る。

 

 

 

 

 

 

 

8月5日(木);(87/93)日目

 

文章をたくさん書いてきたが、文章力が向上したような気は、あんまりしていない。

 

毎日文章の細部まで拘って書いているわけではないので、当然っちゃ当然の話である。

勉強した、と言い張ってる、ただ机の前に向かっていただけの中学生と原理は全くおんなじで、「文章を書いた」と言い張りつつ、それはただ「書く」に過ぎない作業だったのだ。

 

 

 

 

 

f:id:bakabon-party:20210811230057p:plain

42日目にもこんな風に書いていた。

 

 

たくさん書く、というフェイズは十二分に経験した(今も苦しめられている)。自分の筆の遅速や文章の書き方をすこし知ったような気になれた。

おかげで大学のレポートも、ある程度書く内容が決まっていれば、書きながらまとめて、どれくらいの時間かかるか逆算してから書けるようになっている。

 

すなわち僕は、(日常的にまとまった文章を書かない人に比べて)「文章を書く」という行為に向き合ってきたのだ。

 

しかし片一方で「文章」そのものについて真剣に思索を張り巡らせた記憶はあんまりない。

 

54日目に他のブログに触れて少し刺激を貰った的なことを抜かしていた割に、最近は文章の粗が見えてしまう。これは78日目に、「そういうもんだ」と割り切っていた部分もあったが、なんだか粗雑な文章は読んでいて進歩を感じない…。

 

なんて、自分の欠陥を内省するのだが、稚拙に気付けるのは成長のあかしかもしれないと結論付けて、今日はもう、良いことにしておく。

 

 

 

 

 

 

8月6日(金);(88/93)日目

 

テストを解いている。終わらな過ぎて、ヒィヒィ言いながら解いている夜。

 

というかここ数日、夜中に日記を書いているな。不健康さが垣間見えるけど、そういうものだから仕方がない。

ひと段落して、息抜きにこれを書きはじめた次第だ。

今日は徹夜してでも、課題をすべて殲滅させる予定である。早く夏休みになりたい。

 

大学に年額何十万も費やして通ってるのに、単位くれないのはなぜだ。お金払ったらものくれるのが商いじゃないのか!?!?(詭弁)

 

 

 

眠気が定期的に襲ってくるのを、音楽でいなしている。

 

きょう聴いているのは、ピノキオピーの「ピノキオピー Live from 五臓六腑 Tour 2019 at Tokyo」。いわゆるボカロPの、いわゆるライブ音源である。

 

 

僕は中学生からピノキオピーをずっと聴いている。ほんとうなら、大学生の今頃までには彼のライブに参戦していた予定だったんだけど、なんかヤバすぎるウイルスが出たせいで行けていない。

 

ライブ音源の23曲目の終りに、「アンコール!アンコール!」の声が聞こえて、僕はマジで泣きそうになってしまった。

謎の激ヤバウイルスに、ライブ会場からこの歓声をも取り払われてしまったのだ。

 

次聴けるのはいつなんだ。早くウイルスを殲滅してくれ、日本の、世界の科学者!

ワクチン打ちたいね。

 

 

 

 

 

 

8月7日(土);(89/93)日目

 

気分が死んでいる日とか、嫌なことがあった日って、その原因を作った奴に理不尽な牙を向けて、ああきみしんでくれたまへ、とか思ってたんだけど、最近もうそれがメチャメチャになってきて、気分が波風経つと、自分を含むこの世の万物に対して「破壊」の二文字が浮かぶようになってきた。

 

良くないのでやめる。

 

しかし、本当にダメなときは何がだめなのかわからないから、やっぱり「破壊」が脳内を渦巻く。小学生が元気に自転車を漕いでるのもダメだ、漕ぐな!!

なんてメチャメチャなことを思ってしまう。

 

嫌だね。

 

 

f:id:bakabon-party:20210812100306p:plain

あと最近、コレが流行ってる。

クラフトコーラ。

 

無類のコーラ好きなので飲んでみたけど、普通に美味しかった。あのスパイスのクセが中毒性を生んでいる。

 

でも真夜中に飲む味ではない。もっとケミカルな味を欲している。ドクペをください。

 

今私の願い事が叶うならば ドクペをください。

 

 

 

 

 

 

8月8日(日);(90/93)日目

 

時間がなさすぎる、いいですか!?!?

 

 

 ・・・いや、終盤も終盤にして大遅刻です。

 

f:id:bakabon-party:20210812102919p:plain

お前の言うとおりだ、41日目の俺。ノミネート確定だよ。

 

俺っていつもなんでこんな詰めが甘いんだろう。

 

 

 

こんなの書いてる暇があったらさ、本編を進めなよ。

 

まあ、書いてて楽しかったには楽しかった。こんなにブログを書いていたんだな、としみじみすることもできたし。

 

でも、遅れてるよね。ブログ。

 

 

 

 

 

 

8月9日(月);(91/93)日目

f:id:bakabon-party:20210802135515p:plain

 

1.マジでごめんなさい  

 

期末試験の処理やらなんやらで、今これを書いているのが8月12日になっている。

 

オイ。

まだこのせいでYouTube見れてないんですけど。

 

どうしてくれんの?

最終日、グランドフィナーレに向けて尾田栄一郎ばりの伏線回収に向けて意気揚々と日記を書こうと思ってたのに。

 

あ~~~~~~~~~~~~~

 

・・・どうしよう・・・。

 

 

 

 

 

★どうにかなるのか――!?

 

YouTubeを三か月見ない男【第十二週:7.27~8.2】

f:id:bakabon-party:20210727194937p:plain

 


先週の記録↓

aodrips.hatenadiary.com

 

 

 

来週の記録↓

【未更新】

 

 

第一日目↓

YouTubeを三か月見ない男 - 言いたいこと以外言わないソレ

 

目次↓

 

 

                 

 

今週もよろしくお願いします。

 

ウナギを食べたいという気持ちが抑えられないでいます。

 

ガチの期末試験期間で、日記がどうなるかはわかりませんが、とりあえず今週もよろしくお願いします。

 

 

 

【ルール】

・今日5月11日から三か月後の8月11日までYouTubeを見ない。

・講義動画など、やむを得ない事情は対象外にする

・頑張って日記も書く。

YouTubeに限らず、動画共有のみを目的としたサイト(ニコニコ動画など)全般を利用しない。

                 

 

 

 

 

 

7月27日(火);(78/93)日目

 

毎週毎週、日記を書く。

書くという行為が、そろそろ肉体から離れがたくなっている。

 

バドミントン選手がテニスラケットをバドミントンのやり方で振ってしまいがちなように、自転車の乗り方はどれだけ経ってもあまり忘れていないように、「キーボードをたたき続けて文字を紡ぐ」という行為が両手の五指にすっかり刷り込まれてしまった。

 

多分コンマ何秒かくらいはタイピングが速くなったろう、という自負もあるし、文章だって多少は洗練されたような気がする。

 

 

いま、二か月以上前の、第二週とかのブログを読んだらこっぱずかしくなる。

というか、二週間以上たったものは大体そうだ。

 

「コイツ、文章へたくそだな」

と思いながら、全力でバカにして読んでいるのだ。

 

でも確実に、書き終えた瞬間に読み直しているときは、「今週は先週をはるかにしのぐ出来だ」と思って読んでいるのだが、今となってはどの週をとってもどんぐりの背比べである。

 

毎週毎週、懲りずに「今週はうまくかけている」と思い込みながら日記を書き続けているし、もちろん今週も「今週はうまくかけている」つもりで書いていくつもりだ。

 

俺は爆速で黒歴史を生み出しながら歩いている。

だから黒歴史乙ってツッコミはお門違いだ。二週間後にはこれが黒歴史になっていることを、もうすでに知りながら書いてるんだから。

 

 

 

f:id:bakabon-party:20210728151055p:plain

 

お昼に食べた大盛りカレーの写真を見ている。やっぱり盛り方が雑じゃないだろうか。

この画角では見えないが、反対側にそこそこの量の福神漬けが落下している。

 

食堂のおばちゃん、これを「熟練の動き」みたいなスピードで盛ってきたこと、俺は忘れないからな。

 

これは食堂のおばちゃんの遺した黒歴史と、勝手に認定しておくことにする。

 

 

 

 

 

 

7月28日(水);(79/93)日目

 

ファミマのイートインで、カラムーチョファミチキを食いながら日記を書く。

期末試験時期なので、バイト前の微妙なこのスキマ時間にやってしまうのだ。

 

うわ、デキる。

コイツ・・・デキすぎる・・・? この男、デキすぎて、ヤバい・・・。 デキすぎる・・・説明不要・・・!

 

 

というわけで打鍵する。

店内放送と適度な雑音が、心地よい集中状態に導いてくれる・・・。

 

「オイ!そこ攻撃!w」

「逃げろ逃げろ逃げろ逃げろ!ww」

 

・・・ん?

 

なんだか、騒がしい声が後方から聞こえてきた。

振り返ると、2021年のこのご時世に3DSでゲームをしている中学生が三人、わいわいと騒いでいる。

 

「ヤバいってヤバいってww」

 

ヤバくない、帰って宿題でもやってなさい。

 

というかお前、二週間前にファミマのイートインでエロ漫画読んでたやつじゃねえか。

 

 

f:id:bakabon-party:20210729140516p:plain

※参照

aodrips.hatenadiary.com

 

 

 

 

もう2021年だぞ!?!?令和だぞ!?せめて3DSじゃなくてNintendo Switchをしてくれ!!と思いながら、イヤホンをつけて外界を遮断しようとすると、その中学生に店員が向かってきて、

 

「ちょっと騒がしくするのやめてもらっていいですかね」

 

と注意した。中学生たちはそれに適当な返事をして、また3DSに戻った。

それからあまり時間が経たないうちに中学生たちは、それぞれイートインを後にした。

 

 

そして僕は閃いた。

今、Twitterで「店員 ウザい」「店員 注意」「店員 ウザかった」などと検索をかけたら、あの少年たちのアカウントを特定できるのではないか?

そう考えて、Twitter検索をかけたが、

 

f:id:bakabon-party:20210729164210p:plain

バトル

こんなバトルしか見つからなかった。

 

 

俺は性格が終わっている。

 

 

 

 

 

7月29日(木);(80/93)日目

 

ついに80日の大台に乗ってしまった。

 

あと二週間もなく、この旅は終わるのである。

しかし何も進化していない。俺は浅野學峯になりたいのに・・・。

 

あ~、もう、アニメ・漫画とかインターネットに依存した表現ばっかりするの、やめたいな。ようは、非常に閉じた作品世界から、そのままキャラを持ってきて例えてるわけだから、感性や文章表現力が痩せ細っていく気がするし、日常会話も汗臭いオタクの匂いになってしまう。

 

 

とりあえずそれを置いておいて話を進めるが、俺は浅野學峯になりたいのだ。

 

は? 浅野學峯ってだれ? 死んでくれ ケンタッキーを5トン奢れ

 

などと非難轟轟の声が聞こえてくるのでざっくり解説する。これはのちの話につながってくるから、必要な寄り道である。ただ浅野學峯のオタクなわけでないことは言っておく。

 

 

 

(※ちょっと暗殺教室のネタバレ含むかも。ストーリーとあんまり絡まないところピックアップするような配慮はしてます)

 

浅野學峯(あさのがくほう)とは、漫画「暗殺教室」に登場するキャラクターである。

 

 

f:id:bakabon-party:20210731042825p:plain

浅野學峯

 

主人公たちが通う私立中学の学園長であり、作中でもトップクラスの最強キャラである。

教育者として自身の理念を追求し、「強者」であることにこだわりを持つ、クールだが芯がビンビンのビンに通っている男である。

 

 

f:id:bakabon-party:20210731043739p:plain

 

特に僕が好きなセリフがこれで、あ~こうあれれば最強じゃん、と思わせられる。

 

 

皆の良い所を伸ばすには・・・教える私は全ての「良い」を熟知している必要がある

必要だから完璧になったに過ぎないんだ

 

このセリフ通り、作中でも彼は完璧である。

 

ハーバード大学卒業

・柔道の師範代を、習い始めて三日で圧倒する

・無数のありとあらゆる資格を保持していて、三連休を利用して「野菜ソムリエ」「カラーコーディネート」「ジャンボジェット操縦」の資格を取得してしまう

・洗脳/教唆の技術に長けていて、3分ほどで個人の思想を180度反転させられる

・一日700万、片手間に株で稼ぐ

 

彼がいわゆる「善人」なのは、作中世界でも過去編の部分で、そこからある事件をきっかけにどんどん闇落ちしてったわけなんだけど、俺は浅野學峯のうえのセリフが異常に心に沁みているのである。

 

 

今教職課程をとろうとしていて、また塾講バイトをしていて、あんまりにも俺はものごとを知らなすぎると痛感している。だから色々知りたい。世界中にある「良い」をなるべく多く吸収して生きていきたい。

 

 

とりあえず、洋ナシを人生で一度も食ったことが無いので、食います。今度。

 

 

 

 

 

 

7月30日(金);(81/93)日目

 

ファッションがわからなくなる時期って周期的に来るよね。

 

あ~最高!最高のFashion...Happy....

の時期と、

何を着ても俺はダメだ...Death & Game over......

の時期、これを一定間隔で繰り返し続けるのだ。

 

なんでだろう。どんな服も、初めて買ったときは等しく気分を興奮させうるのに、時間経過でなぜわれわれはその輝きを感知できなくなるんだろうか。

 

一体俺は何を着ればいいんだ??

 

もうあれか、あれなのか、カラーコーンを下半身に履いて、運動部が試合形式の練習でつけてるビブス、あれを上半身に着ればいいんだろうか、そこまでふりきれば、「体育の権化の顕現?」と思われて、神格化するレベルまで達せるんじゃなかろうか。

 

f:id:bakabon-party:20210731051301p:plain

・・・完全に不審者だし、あらゆるカラーコーン業界への冒涜になっている気がしてやまないから、やめておこうと思う。

 

 

 

 

 

 

 

7月31日(土);(82/93)日目

 

夜中に唐突に掃除を始めるべきではない。

 

深夜一時、彼女とけんかしてから唐突に思い立って部屋を大掃除し始める愚かな男、俺。

 

まずは丁寧にシンクを磨く。メラミンスポンジで隅から隅まで、丁寧に。

水垢がたまりやすい部分にカビの子供みたいなものができているので、容赦なく殺す。

「この子だけは・・・」という赤カビの母親が命乞いをしてくるが、親子もろとも容赦なく殺す。

 

それからコンロの油汚れをスポンジで擦り取る。謎のおこげが自然生成されているのも腹立たしい。

 

台所の白い壁にはねた油の汚れも適当に拭いておく。

 

それから風呂の掃除をする。風呂場に使っているカビ予防スプレーが、我が家で最もmLあたりの価格が高価な掃除用品だと思う。

 

 

アフィリエイトとか広告関連みたいなやつ、めんどくさすぎてな~んにもやってないから、ここから買っても俺に何ら得はないんだけど、貼っておく。

 

俺は死ぬほどズボーラ(ピュオーラと同じイントネーションで読んでください)だし、シャワーで済ませることが多いので、浴室の天井や、浴槽側の隅まで掃除を丁寧に行っていない。

しかし、これを定期的に噴霧しているだけで、そこまで激ヤバなカビを見かけずに済んでいるから、たぶんこいつはいいやつだ。

 

床を拭き、カーペットの下を軽く掃除して、カーペットにコロコロをかける。夏の夜にこれをすると、汗が噴き出してくる。家用の太縁眼鏡に汗がたれて視界が滲む。

掃除の間じゅう、音楽を聴き続けているから、なんだかその汗すら爽やかさを醸し出しているような気がしてしまう。サニーデイ・サービスの「春の風」。季節はとっくに夏なのに、なぜかこの曲が夏に刻まれる。

 

open.spotify.com

 

 

 

 

そしてこんなしゃらくさい文章をあほみたいに書いている、やっぱり愚かな俺。

最後の審判でもイエスキリストはこの罪をどう裁くべきか悩むだろう。

 

「インターネット回線は・・・無駄遣いしてるけど・・・これがなんかの害になっているわけでも・・・う~ん・・・」

 

 

天国と地獄の選択が目の前で目まぐるしく行われる。

 

しゃらくさ文罪で、俺は死刑宣告なのかもしれない。でもしょうがないじゃないか、俺は村上春樹のそういう文に影響を受けすぎたのだ。

村上春樹の小説の、部屋を片付けるシーンの記述は読んでいて気持ちがいいので本当におススメする。ASMR動画に似ている気持ちよさ。

 

 

「お前!」

 

最後の審判中に村上春樹のことを考えていたら、キリストに怒られてしまった。

 

これは地獄行きが確定したのかもしれない。

 

というかこんなことを言うと普通にダメなのかもしれないが、宗教における神、とりわけ人間の生前の行いを観察し、裁く神って、「クソつよ人事」って解釈していいんだろうか。

 

 

あ、そんなこと言うやつは地獄行き? あ、OKです。

 

渡辺を結局人質から救うこともできなかった俺は、地獄行きがお似合いなのかもしれない・・・。

 

 

 

 

 

 

8月1日(日);(83/93)日目

 

f:id:bakabon-party:20210802125227p:plain

 

優勝ッッ!!あ~~~~~~~!!!!!!テトラポット登ってェ~~てっぺん先睨んで宇宙に靴飛ばそ~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

・・・すみません、取り乱してしまいました。

 

 

 

 

僕は無類の海鮮好きだ。

地球の七割が海という事実を、海鮮を食うたびに噛み締めているというのは真っ赤な嘘だが、それでも水の星地球に感謝している。

 

 

今まで、やるタイミングを逃し続けてきたのだが、今日やっとできた、「スーパーの割引の刺身を一人で食う」行為。

 

これが、今日、俺のもとに・・・。

奥がカツオで、手前が真鯛です。

 

カツオは普通に美味しかったのだが、真鯛は異常に美味しかった。

 

 

 

正解を引いたのか、脂のノリも最高で本当に絶品だった。スーパーの割引刺身でこんなに美味しく感じられるこの人生、つまるところf:id:bakabon-party:20210802131739p:plainってこっちゃない?

 

ウチら、f:id:bakabon-party:20210802131739p:plainってことなんやないの?

 

・・・と思っていたが、酢飯を使っていないせいか、はたまた独りで食べている代償か、MAXの美味さを引き出せている感じはしなかった。独占禁止法

 

 

 

 

 

 

8月2日(月);(84/93)日目

 

・・・というか、八月になっちゃったんだな。

 

昨日刺身を食いながら、「こういうのって普通、月末に月の疲れをねぎらったりするノリで食うよな・・・」って思ってた。

新しい月が始まったんだな。嫌すぎ。

 

 

 

こんなツイートを半年ほど前にしていたんだけど、今まさにこの気持ちである。夏よ、終わるなと思う。

でも別に夏が好きというわけでもない。秋になれば、秋よ終わるな、冬になれば冬よ終わるな、と言うのだ。とどのつまり、時間の経過を感じるのが嫌なのだ。

 

あ~~来るな秋。

 

 

 

では今週のまとめッッッ・・・

 

f:id:bakabon-party:20210802135515p:plain

 

 

1.YouTubeのことを考えてしまう  

 

もう、目前である。あと十日もあればYouTubeが我が手に戻ってくる。

その高揚感からか、最近YouTubeのことを考えてしまう。

ダイエットのリバウンドのようになってしまわないか、少し不安を感じている。

 

 

 

2.健康的な生活がしたい  

 

ご飯を唐突に三合いっぺんに食べておなかをびっくりさせる生活をやめたい。毎日ペプシコーラを1.5L飲み干すのをやめたい。

なので今日は、親子丼を作ってカットサラダを食べ、コーラのかわりにいろはすをのむ生活をしている。

 

 

 

 

あ~、終わるんだなそろそろ、この日記。

 

ではまた来週 ✌

YouTubeを三か月見ない男【第十一週:7.20~7.26】

f:id:bakabon-party:20210722180344p:plain




先週の記録↓

aodrips.hatenadiary.com


 

 

来週の記録↓

aodrips.hatenadiary.com

 

 

第一日目↓

YouTubeを三か月見ない男 - 言いたいこと以外言わないソレ

 

目次↓

 

 

                 

 

今週もよろしくお願いします。

 

ニコ動二次創作動画のタイトルのモノマネ

 

黒/子/の/バ/ス/ケで腐れ外道とチョコレゐト

 

 

 

先週の乱暴な日記に味を占めそうですが、今週は頑張ります。

 

以下、ルールです。

 

【ルール】

・今日5月11日から三か月後の8月11日までYouTubeを見ない。

・講義動画など、やむを得ない事情は対象外にする

・頑張って日記も書く。

YouTubeに限らず、動画共有のみを目的としたサイト(ニコニコ動画など)全般を利用しない。

                 

 

 

 

 

 

7月20日(火);(71/93)日目

 

 

早いものでもう第11週となってしまった。

 

サムネイルのレイアウトをどうしようかとか、漢数字だと視認性が良くないよなとか、まったく考えずにサムネとタイトルを漢数字にしていたので、少しだけ後悔している。

 

さて、今日も今日とて、頭を絞らないと日記に書くようなことが出てこない、乾燥した雑巾みたいな一日を送っているせいで、日記に難儀している。

 

日記の方がキツいのだ。

こんなの一か月たった時点でとっくに気づいていた。

aodrips.hatenadiary.com

 

 

いままで僕は、何かを「やる」ことよりも、何かを「やめる」ことの方がはるかにキツイもんだと思っていた。

 

しかし、「毎日、皆様にお見せできるような日記を書く」という「やる」習慣は、「YouTube禁止」という「やめる」習慣よりも遥かに厳しいことに気づいてしまった。

 

人間は、三大欲求に関わらない習慣を断ち切るのは比較的簡単で、関わらない習慣を根付かせるのに難儀する生き物なのかもしれない。

 

 

エナジードリンクを一年間止めるという制約を今年の1月27日に掲げたが、そっちのほうがYouTubeよりよっぽどキツい。

期末試験時期なので、夜遅くまで詰め込み作業に勤しむことが多く、そのため身体は大量のエナジーを欲していて、深夜立ち寄ったコンビニのエナドリコーナーが煌々と輝いて見えるのだ。しかしツイキャスまで使って卒業式を宣言した手前、来冬まではなんとしても我慢である。これが「味覚」→「食欲」という欲求に結び付いているため、YouTubeなんかより全然きつい。

 

YouTubeは、良い。一時期中毒症状のきらいがあったけれども、三大欲求とは毛ほども関連していない。

だから、悪習慣からのリフトオフも比較的容易である。

悪習慣の中でもYouTubeや動画サイトは雑魚な方だと思う。スマホから絶て、といわれるとまた難易度が変わるのかもしれないが、とにかく動画なんてとっぱらっても結構生きていける。気圧のさがった容器が、他の気体などで空いた体積を充填するように、他の刺激物が自分を満たしていくのかもしれない。

これが、僕の場合、ネットラジオだったり普段読まない漫画だったりするのだ。

 

 

日記を毎日書くという習慣は難しい。

何かを空っぽにしてからそこに充填していくというわけではなく、わざわざ三大欲求外の意味不明な行為のために、時間というプラチナ玉座を明け渡す必要がある。

 

品田遊(ダ・ヴィンチ・恐山)氏のこの文章がしっくりくる。

note.com

 

彼は彼の運営する「ウロマガ」でお金をとっている。三大欲求と間接的に、か細くも連結しているから続いているのかもしれない。

いっぽう僕は何にもない。こんなの書いてもモテない。おなか膨らまない。ブルーライトで睡眠の質が下がるばかりだ。

 

 

あ~、みんな、日記を書かないでおこう!

 

 

 

 

 

7月21日(水);(72/93)日目

 

f:id:bakabon-party:20210726224225p:plain

 

油そばを食べた。

弊大学の人がみ~んな好きなあのお店。

 

台湾そばの辛い奴を頼む女性がいて、そのとき僕ははじめてこの店に「油そば」「油そば 大」「油そば W」以外のメニューがあることを知った。

 

こういう意識の間隙みたいなものに気づく瞬間って寂しい。

気付かない状態のほうがなんか好きだ。

 

今日は女性客が多かった。

女子高生二人組が、2ペアも入店してきた。一緒にスタバに行ける友達や一緒にプリを撮れる友達よりも、一緒に油そばを食べに来れる友達の方が貴重なのかもしれない。適当。

 

 

 

f:id:bakabon-party:20210726230924p:plain

彼女と来たんだけど、彼女が

「え、油そば…? ありえない… ワンプレート2300円する謎のオーガニックの謎ごはん食べたいんだけど」

とか言うひとじゃなくてよかったと思った。

 

 

 

 

 

 

7月22日(木);(73/93)日目

 

 

f:id:bakabon-party:20210726233143p:plain

 

猫がいた。

 

僕は幼少のころに犬に太ももを噛まれてから、人間以外の動物が苦手になりつつある。

 

猫が居たら「かわいい~」と言いつつ撫でに行くのが人間のしぐさらしいので実践したいが、恐怖心がそれに打ち勝てない。

 

あと眉毛が上手く剃れない。剃り方を調べていないからだ。なんか、理想の眉の形をかいてから…らしいけどさ、その理想の形って何なんだ。バーカ。

モテる秘訣は女の子受けのいい服装をすること!で女の子受けってなんやねん、というあるあると全く同型である。

 

あ~失敗した。

左眉のスタート地点が削れた。最悪だ。

 

 

f:id:bakabon-party:20210727000203p:plain

 

ほっともっとを食べる。

 

ほっともっとのキャッチコピーは「幸福は、ごはんが炊かれる場所にある」らしい。

 

もうすでにどこかのYouTuberがやってそうな話ではあるが、キャッチコピー⇔企業名かるたとか、やってみたいな。キャッチコピーが読み札で、取り札が企業のロゴ。

正月、やってくれるひと募集中。

 

 

 

 

 

 

7月23日(金);(74/93)日目

 

(蝉の抜け殻注意)

 

 

 

f:id:bakabon-party:20210727000811p:plain

 

蝉の抜け殻を発見した。

 

もしこれが蝉じゃなかったらキモすぎたと思う。もちろんこの段階でだいぶキモイと思っているひともいるだろうけど。

 

「蝉の抜け殻」という称号がつくだけで、なぜかこの謎の物体が妙に親しみと風情をもって受け入れられてるのはなぜなのだろう。

まったく同じ形態でも、「特殊なアリの巣の跡地」とかだったらキモさは何十倍にも膨れ上がるというのに。

 

 

 

f:id:bakabon-party:20210727001153p:plain

 

蝉の抜け殻のあとに載せる写真ではないかもしれないが、中華を食べた。

 

もしこの中に蝉の抜け殻を混入させられて、中国のなんとかっていう豆の煎り殻ですって紹介されても、僕は絶対に気づかないだろう。

 

 

中華のメンマときくらげはなぜあんなに美味しいんだろう。きくらげだけはいったあんかけ焼きそばを食べたい。きくらげは全然「くらげ」じゃないのも良い。

 

参考:

知ってますか?キクラゲとクラゲと山クラゲの違い | きのこ通信 | 国産きくらげ・しいたけ専門店|Gaspoショップきのこ家

 

でも、何も知識のない状態で自生しているきくらげを見たとして、まったく食用がわかない見た目だし、よもや食えるとは思わないだろう。あっちいけ、シッシッ!と、火炎放射器で燃やし尽くしてしまうかもしれない。

 

f:id:bakabon-party:20210727001657p:plain



ナニコレ?

紙やすり?

 

 

 

 

 

7月24日(土);(75/93)日目

 

僕の家にテレビが無いと、以前述べたことがあるが、あれは半分嘘である。

 

小ぢんまりとした部屋にテレビを置くスペースを見いだせず、なおかつ軽いアンチテレビ症状、またYouTube中毒者だった僕は、実家から送られてきたテレビを封印するという決断に至っていたのだ。

山形に来てから一年と数か月、押し入れの中にず~~~っとテレビをしまい込んでいた。

 

 

 

しかし、オリンピック。

 

逆張りマインドの極北へといたるため、この日記で話題に出すかどうか今の今まで渋っていた、オリンピック。

 

テレビ好きな彼女も家にいるし、よし出してみよう、と、試験的に出してみることにした。

これはYouTube禁止に抵触しない。ルール参照。別に「動画を見ること禁止」ではないしね。

 

テレビは無理やり本棚の上に設置してしまった。地震がきたらいの一番にテレビがぶち壊れるだろう。そしたらそれはそれで面白いので、河川敷に行って動かなくなったテレビをハンマーでボコボコに壊す動画を撮ることにする。

 

 

テレビなんかいらないと思いながら一年すこし生きてきたが、やはりテレビがあると違う。

何が違うかって、あ~おもしろいな~テレビというわけでなくて、単に部屋の格調が上がる感じがしたのである。

いままでテレビもなければ大きな机も無く、折り畳み式のちいさな机でご飯をたべていた。ここにテレビが加わるだけで、売れないお笑い芸人の独り暮らしみたいな部屋が、少し華やいだ気がする。

 

 

 

f:id:bakabon-party:20210727002924p:plain

 

そして、ドーナツを二人で20個食う。

 

 

 

 

 

 

7月25日(日);(76/93)日目

 

堀米君が金メダルを取った。

初代、オリンピックスケートボード優勝者である。

 

スケートボードは見ていてすごく面白かった。

競技自体もそうなんだけど、選手の立ち居振る舞いがすごく自由で、カルチャーとしての側面をここまで強く垣間見れる競技は、オリンピックではあまりないなと思った。

 

Airpodsつけて、思い思いの服とスニーカーで、自由にボードと遊んでいる感覚。もちろんそこに晴れ舞台のプレッシャーだとかはあるんだろうけど、その競技性とはまた種を異にするバッグボーンの存在がとても見ていて心地よかった。

タトゥー入れてたり。

 

個人的にフランスのヴィンセント・ミル選手の服装が大好きすぎる。真似したい。

 

www.instagram.com

 

 

いいよね。

 

 

 

でもまあ結局、インターネットもオリンピック一色になっている。開催前はあんなに喧々囂々の議論がかまされていたのに。

かくいう自分も懐疑的だった部分は十二分にある。

 

たぶんつまるところ、どのような大義名分を掲げて話そうとも、「自分に不利益がありませんように」という、(まあ当然かもだけど)そういうエゴイズムの塊だっただけなんだろうな。

開催してみても今のところ目に見える不利益はこうむってないから、楽しめているんだと僕は僕を内省する。

 

 

 

 

 

 

7月26日(月);(77/93)日目

 

 

うわ~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!

時間がない!!!!!!!!!

時間が!!!!!!!!!!!!!!!

チョッピン

ぷえぷえの毒

 

 

 

さ だ ま さ し ~

 

 

 

 

・・・すみません、取り乱してしまいました。スーパーマリオワールド城BGMが流れた時のニコニコ動画のモノマネをしてしまいました。

 

そう、勘のいい読者の方ならお気づきでしょうが、今週、力がありません。

 

 

だから今週は読みやすかったと思います(文字数の観点から)。

 

 

 

f:id:bakabon-party:20210719081415p:plain

 

 

1.テレビはあんまりつけないことにします  

 

テレビなくても今まで生活できてきたわけだし、動画断ちはルールではないけど、YouTube解禁後の効能をよりはっきり知りたいから、必要以上につけないどきます。

 

 

 

2.かまみくを聴くな  

 

omocoro.jp

 

聞くな。こればっかり聴いてたらなんか性格が変になり始めているから。

 

 

 

 

 

おわり。

。。。。

 

YouTubeを三か月見ない男【第十週:7.13~7.19】

f:id:bakabon-party:20210715145906p:plain

 


先週の記録↓

aodrips.hatenadiary.com


 

 

来週の記録↓

aodrips.hatenadiary.com

 

 

第一日目↓

YouTubeを三か月見ない男 - 言いたいこと以外言わないソレ

 

目次↓

 

 

                 

 

今週もよろしくお願いします。

 

今週もよろしくお願いいたします。

 

 

先に言っておきます。

 

今週、ハイパー排便です。ゲボでも、クソでもありません。

 

「ハイパー排便」です。クソは、排便の後に残る「終わり」の象徴。

皆さん、「花火の焼け残った灰」を見て花火の激しさを想起しますか?

 

しませんよね。花火がもっとも鮮烈なのは花火が輝いている最中のことだけです。

よって、クソよりもクソをしている最中の「排便」の方が最強で、今週はさらに「ハイパー排便」です。

 

なので、今週の日記はすべからく先週までより短い予定になります。まあ先週までが異常に長かっただけかもしれませんし、かえって今週分は読みやすくなるかもだけですが。

 

冒頭から「便」の話をノンストップでしたことは反省しています。これ以上こんな日記に構ってられるか、という方はサンリオのホームページでも見ててください。

 

 

 

以下、当企画のルールです。

 

【ルール】

・今日5月11日から三か月後の8月11日までYouTubeを見ない。

・講義動画など、やむを得ない事情は対象外にする

・頑張って日記も書く。

YouTubeに限らず、動画共有のみを目的としたサイト(ニコニコ動画など)全般を利用しない。

                 

 

 

 

 

 

7月13日(火);(64/93)日目

魔人探偵脳噛ネウロ、読んでる????????

 

読んでない?????????

 

読んでないの????

 

というか、知らないの?????

 

 

え、マジ?

 

 

魔人探偵脳噛ネウロは、暗殺教室で有名な松井優征先生のデビュー作

僕も以前から名前だけは知っていたが、読む機会にとうとう出くわさず19歳7か月児まで育ってしまった。

 

 

産道を通っておぎゃあおぎゃあとこの世に生を受けたものの、魔人探偵脳噛ネウロを読んだことが無い。これは由々しき事態である。

 

 

 

 

もし魔法モノの少年漫画であれば、元老院 第12議長 鋼鉄のジンドリック」と名乗る老人が7巻の後半で出てきて、「空駆ける黒き歯車 ギガ」を倒した直後の満身創痍の僕に向かって、「『脳噛未読罪』にて、貴様をA級レベル監獄『冥府の庭(ハデス・ガーデン)』に連れていく――――。」と告げていたことだろう。「お、おいお前、『脳噛』を読まずにここまで育ってきたってのか―――?」と今まで共闘してきた仲間もドン引き。頭に「?」マークを浮かべながらアホみたいな面を引っ提げて、なんか紋章があしらわれているフードを目深にかぶっている『評議員』に僕は連行されるのである。

 

 

元老院 第12議長 鋼鉄のジンドリック」が居ない世界に生きていて良かった。

 

「冥府の庭(ハデス・ガーデン)」にはかつて悪魔によって体を乗っ取られ、自らの手により家族を皆殺しにさせられていた哀しき過去を持つ看守長「半悪魔 ハイリヒトゥーム・アーベル」がいる。自らに「他人と会話することができない」という制約を授け、監獄中の悪魔を付き従えている彼に敵うはずがないので、それも全然、1ミクロンも存在しない世界の中で生きていて良かった。

 

 

でも、もし、「鋼鉄のジンドリック」「半悪魔 ハイリヒトゥーム・アーベル」が実在したら?

 

 

僕を含む多くの人類は「脳噛未読罪」により、「冥府の庭(ハデス・ガーデン)」に連行され、「犬食人 アギルマール」の処罰に怯えながら過ごすことになってしまう。

 

 

 

いやだろ??

 

我々は日ごろ、幸福にも、死の恐怖を感じて生きていることのほうが少ない。

だがいつかは死ぬし、死にかけるかもしれない。その恐怖から我々は各種保険会社と契約している。

 

 

それと同じだ!

我々は一刻も早く脳噛ネウロを読むしかないのだ!

 

 

 

え?お金がない?しかも近くに書店が無い??

 

 

 

甘ったれたことを抜かすな!

 

f:id:bakabon-party:20210716011519p:plain

 

 

今なら、このサイトから10巻分、だいたい80話以上無料なんだ!!

 

 

 

shonenjumpplus.com

 

 

 

オラッ!!!!!!読め!!

 

 

 

 

 

 

 

・・・え??読めない???

10巻分も無料じゃない??

 

 

 

 

あ、もしかしてキミ、この日記を7月20日以降に読んでる???

 

 

 

あ~・・・・

 

f:id:bakabon-party:20210716011754p:plain

 

 

 

あ~~・・・

 

 

 

 

f:id:bakabon-party:20210716011818p:plain

 

 

 

あ~・・・

 

 

 

 

f:id:bakabon-party:20210716012022p:plain

 

 

 

あ~~~・・・・

 

 

 

 

 

 

 

では、「冥府の庭(ハデス・ガーデン)」で待っていてくれ。

「犬食人 アギルマール」に勝つために、「闇解きの眼鏡」を手に入れて、俺がすぐに助けにいくからな。

 

 

じゃ!絶対行くからな~~~!!!

絶対だからな~~~~!!!

行けたら絶対行くから~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

(そう言って僕はインターネットをしながら、きったね~部屋の中で死んだような目をしている。なぜなら「冥府の庭(ハデス・ガーデン)」なんてものは無いから)

 

 

 

 

 

 

 

7月14日(水);(65/93)日目

 

いい加減、「自分が天才なのではないかという妄想」に見切りをつけなくてはいけない。

 

それどころか、世間の平均値から何かが突出しているのではないか、なにか平均を上回るような能力値があり、それが他人から評価されちゃったりするんじゃないか、という、「天才」よりかは些か控え目な希望にも、決定的に望みを捨てなくてはならない。

 

 

僕には、なんら才能が無いし、能力値は平均か平均以下だ。面白くもなければ、面白くない人生を逆にばねにして這い上がれるほどの胆力もない。たとえ平均以上だと思しきステータスがあったとしても、それは幻覚か、かなり強めの幻覚だ。

 

 

 

・・・そうだ。コレアレではないことを注意しておかないといけない。

コレは、アレとは違うということを先に述べておこう。

 

(最近あんま見ないけど)ツイッタラーが自分の顔を謎の加工を施すかマスクしているかの状態でアップロードし、体裁上自分を「ブス」と名乗るが、結局フォロワーに褒めてもらいたいがためのアレ

 

アレとは違う。アレは本来もっとオープンな漁場でやるべきカスの漁だ。

 

コレは違う。

 

 

自分のことを卑下することによって、「そんなことないよ」の声を欲しているわけではない。それが欲しかったら僕はもっと露骨な形でやる。

 

「俺ってブスだよね~~」というコメントを添えた自分の加工MAXの自撮りを電車内の吊り下げ広告にする。

 

山形駅の改札を出てすぐのところにある、デカい田中圭がデカい白米をデカい箸で持ち上げているタペストリ

f:id:bakabon-party:20210716014453p:plain

巨大な田中圭


これを俺の自撮りに差し替えたっていい。

 

 

調べてみたら東北本線の中吊り広告は6日で10万円らしい。

俺が宝くじを当てたらやるけど、あててないからしない。

 

このタペストリーの料金はどこをしらべても出てこなかったが、これより小さい山形駅キャンペーンボードは一か月42万円らしい。

在学中に1億円拾ったら、やろう。42万円なんて、1億円のわずか0.42%。財布に1000円しか入っていないうちの、4円程度。

 

 

 

話を戻す。

じゃあなぜ唐突にそのような気持ちのふさぎ込むような文言を日記の冒頭からタラタラ述べていたのか、というと、僕自身が僕自身を天才だと過信してやまない病気が、まだ抜けきっていないからである。

 

この全能感は早いうちに叩き潰さないといけない。比較的温室の中で育ってきた僕のような人間は、このまま全能感溢れる思い込みで生きていてはいけない。

 

 

中学生のころ、3DSスマブラをしていたときのことである。

CPU相手に毎日鍛錬を欠かさず、ついにレベル9のCPUを軽々とボコボコにできるようになった僕は、「このCPU相手に鍛えた腕で、全国の猛者を蹴散らそうかな・・・♠」と、ザコのヒソカのような思惑でインターネット対戦に繰り出た。

 

結果はお察しの通り、完敗である。

 

完膚なきまでに見たことも無いような技を繰り出され、僕は「井の中の蛙」の真の意味を知ったのだ。

 

 

しかし高校生になっても全然その病気は治らなかった。

ショック療法は症状を変な方向に屈折させるだけだったのかもしれない。

 

 

そして大学生のこの時点、今日!今日!今日にいたるまで、その持病を患って生きている。

人生に対する一種のダニング・クルーガー効果であろうが、これはもう、もう治さなければいけない。人生のダニング・クルーガー地点(そんな言葉はない)は、もう突破しなくてはならない。

 

 

一刻も早く完治させ、アフラックのCMで、櫻井くんに「辛かった・・・ですよね?」と尋ねられ、僕は「ぺぽ?」と愛嬌たっぷりにカービィの物まねをし、自身の精神の健全性をアピールしなくてはならないのである。

 

f:id:bakabon-party:20210716021401p:plain

CMの櫻井くん




でも、現状直っていない。

 

というか、直っていたらきっとインターネットなんかしていない。

 

 

 

・・・いや、そうか?

俺は人生の様々な責任をインターネットに投げ過ぎではないだろうか。

インターネットは、俺という人間の製造責任を背負ってなんかいないだろ。俺は俺のみの力で純然たる凡才道を歩んできたのかもしれない。

 

 

で結局何が言いたかったのかって、早いとこ自分が天才でない、才能がないことを自覚して、そこからちゃんと、正当に努力すべきだということが言いたかった。

 

 

なんだろう。冒頭の決意が文章書いているうちに少しずつ揺らいできて、こんな駄文を大量に吐き出し続けるのも一つの才能なんじゃないかと、また病気が発症してきている。

 

あ~、もう治んないですわこの病気。

 

なので、櫻井クンには申し訳ないけど、このCMは出れないです。

 

代わりに僕が今日衝動買いした鬼滅の刃ウエハースでも見ててください。

 

f:id:bakabon-party:20210716022443p:plain

 

我妻善逸くんのカードが当たりました。

僕はぜんぜんいらないので、欲しい人は連絡してください。

 

 

 

 

 

 

7月15日(木);(66/93)日目

 

ウズベキスタンのないことわざ「耳のある堅い蹄であれ。」

 

意味:

多くのことに見分広く、しかし自分の意見をちゃんと持って行動しなさい。

 

 

トルクメニスタンのないことわざ「少しくらいのパイは、多くのカエルにかなわない」

 

意味:

どんなにキレイなものだとしても、世間が汚れていればかならずそれは崩れる。

 

 

 

韓国のないことわざ「やめたほうがいいことを、何度も言うなかれ」

 

意味:

生き血をすするときは、SUSURU TVのモノマネをしないと、高確率で死ぬ。

 

 

フランスのないことわざ「フランスパンは鈍器にならない」

 

意味:

死んだほうがマシ。

 

 

エストニアのないことわざ「白い犬は家へ、茶色い犬も家へ」

 

意味:

死んだほうがマシ。

 

 

ポルトガルのないことわざ「絹ごし豆腐の気持ちになれ」

 

意味:

ふわふわのチャーハン。

 

 

ラトビアのないことわざ「骨密度だの滋養強壮だのうるさいな。老人向けの栄養サプリの広告を流すなよ」

 

意味:

ちゃんとごはんをたべよう

 

 

キプロスのないことわざ「釣った魚を逃がせ」

 

意味:

死んだほうがマシ。

 

 

東ティモールのないことわざ「ヒリヒリするところが一番気になるところである」

 

意味:

自分の刺激になるものを、常に追い求めなさい。嫌なことやヒリヒリすることがあなたを育てます。

 

 

セルビアのないことわざ「テニスをするならテニスコートに行きなさい」

 

意味:

なぜおまえは囲碁部の教室でテニスの練習をしているんだ。早く帰ってほしい

 

 

カナダのないことわざ「ペンチを食うな」

 

意味:

死んだほうがマシ。

 

 

日本のないことわざ「カードキャプターさくら

 

意味:

自然薯堀り

 

 

 

 

 

 

 

犯人「・・・以上だ」

 

 

(なんなんだ・・・金が目的じゃないのか・・・? ないことわざを披露したいだけなのか・・・??)

 

 

犯人「じゃ、また明日3番倉庫で会おう。お前の人質を返してほしかったらな・・・。」

 

 

「クッソ・・・渡辺・・・待ってろよ・・・先生お前を必ず助けにいくからな・・・」

 

 

 

 

 

 

7月16日(金);(67/93)日目

 

思いついた。

 

俺はかなりダメなほうな人間で、自分の弱いところを棚に上げ、下痢便のような目をして、乾いた心でコンビニを徘徊しては大量のおにぎりを購入して店員さんを不気味がらせている。

 

彼女ともよくケンカし、その原因は大体おれだ。一言多いか一言少ないか、もしくは三十言くらい意味のないことを言いすぎている。

 

生活感の塊のような汚い部屋に住み、ヘドロのような精神性で今日も生きている。

 

 

しかし、そろそろそんなヘドロ生命体ともおさらばだ。

 

最悪な自分を脱却する方法を思いついたのである。

 

 

 

天才は嚢中のキリのごとく、自らで自らの殻をやぶり、優秀な凡才は、先達にものごとを学び成長していく。

しかし現在僕に才能は無く、先達もない。「僕の人生」の先達などいない。

 

 

だが師が居ずとも、自分の人生に対する理想的な展望なら描くことができる。可能である。

それをすべて具体化したあとで、その「理想性」に沿って自身を矯正するような教師を、想像上で補完すればいいのではないか。

 

歴史上の人物やすでに死去した学者、高名すぎて今の自分では直接に師事することのできない者などを、自分の師としてイマジナリーに仕えることを「私淑」というが、これを一歩発展させて、その師すらイマジナリーに定義してはどうなのだろう。

 

よし、そうとなれば自分の人生の理想を思い描くことから始めようではないか!

 

パワポを開くのだ、諸君!!

 

 

f:id:bakabon-party:20210716030244p:plain

 

は???バグったが

 

 

下痢便、と打ち込んだのち新しいスライドを作成しようと思ったら、何故か鬼滅の刃ウエハース」が貼り付けられた。

 

何だ?俺の人生ってこうなのか?

 

下痢便と鬼滅の刃ウエハースのあいだを行ったり来たりするような人生なのか?

 

は~~モチベーション落ちたわ。

 

やめだやめ。

 

 

 

一生下痢便しながら鬼滅の刃ウエハース食って死んでいきますわ。

 

 

 

 

 

 

 

7月17日(土);(68/93)日目

 

宇宙人現象というものに遭遇したことがあるだろうか?

 

宇宙人現象、というのは今僕が適当に名前をつけたものなのでこの世に存在しない。

 

何も説明を施していないこの時点で「わかる~」と言ったキミは、知ったかぶりが堕ちる地獄にテキトウに堕ちといてください

 

 

 

さて、その宇宙人現象が何たるかという話だ。

 

これは簡単に言うと「人間の行う多種多様な営み」に関して「まるで『人間』という生物を観察している宇宙人」のような視点から見てしまう現象のことである。

 

もしかしたら同じようなことをしている人もいるかもしれないと思って、問いかけてみる。

います? いたら一緒にちらし寿司でも食べに行きましょう。

 

 

 

たとえばどういうことか。

 

テレビのグルメ番組を例にとってみる。

 

 

ロケに行き、芸人Aがある県のご当地グルメに舌鼓を打っている。A5ランクのなんとか牛とかにでもしておこう。それと、その地の新鮮なレタス、トマトを使って作られたハンバーガー。

これをほおばる芸人A。

バンズからはみ出す、みずみずしい野菜と、タレの光沢を帯びた、柔らかくも食べ応えのある牛肉。

 

宇宙人視点で見ても、ここまでは意味がわかる。

「ニンゲンの 個体が、美味しい餌に対して興奮している」などと宇宙人の大学生はレポートに書くだろう。

 

 

一口食べ終わるや否や、芸人Aはすかさず、日常生活でおおよそ出ることのない音域とデシベルでリアクションを取る。

「口の中で溶ける」とかなんとか、言う。あとたまにその辺を走り回ったりする。大声で叫んだりする。

 

宇宙人は少し訝しむ。「ニンゲンは、この餌に対して刺激を受け取りすぎではないか?まさかこの餌は毒物か、麻薬のような異常興奮を来す成分が含まれているのか?」

宇宙人はハイテクなのでその場で精査できる。

しかしそのような成分は検知できず、宇宙人はますます混乱する。

 

 

更にそれを見ているワイプの芸人BやタレントCなどは、悶絶の表情を浮かべたりする。

「いいな~~」などと言う。羨望のまなざしでロケのブイを見ている。

 

これなんか、宇宙人から見たら面白いことこの上ないと思う。

よくTwitterとかで、餌を食べているネコを見ているほかのネコが~、とか、餌をとられてキレる犬~、とかバズっているけど、図式は完全にこれとおんなじだ。

いや、画面を見て餌に興奮する、というこの図式はそれよりも滑稽かもしれない。

 

しかし、真に不可解なのは、「これが『VTRに映っているエサを真に欲している』わけでなく、『(仕事のために)わざとそのような演技をしている』可能性がある」という点であろう。

 

なんなんだ、知能が他の生物に比べて発達すると、こんなキモイ挙動をするんだなこの生物は・・・・・・と宇宙人もドン引きである。

 

 

 

 

どうだろう、僕の説く「宇宙人現象」がなんとなく納得していただけただろうか。

 

グルメ番組だから、まだ生物の本能的に納得がいく部分も多いが、クイズ番組とか、正直宇宙人からすると謎だと思う。

あとダンスとか歌も割と謎だと思うモッシュピットとか。

 

 

 

そして、こんなブログを書いている俺はとくにキモイし、宇宙人からしても、手元の光線銃で脳天を打ち抜いてやりたいと思っているに、違いない。

 

 

 

(※ 付け加えていっておくと、僕は上記文化圏をバカにしているわけではなく、宇宙人視点から再観察すると、人間の営為って謎な部分が多いよね、ということが言いたいだけです。歌やダンスは音楽好きな僕は大好きです

 

 

 

 

 

 

 

 

7月18日(日);(69/93)日目

 

日記を書く時間があまりとれないので、今日はおススメの曲でも紹介しようと思います。

 

YouTube開けないので、Spotifyから紹介していきます。Spotifyユーザーはヨロシク。

 

 

 

 

 

その羅針盤/THE BOYS&GIRLS

 

熱量★★★★★な曲

 

aodrips.hatenadiary.com

このライブで聴いて大好きになった。コロナが収まったら、絶対俺はボイガルに会いに行って、この曲で叫びたいと思う。

 

 

 

 

 

夢を諦めたい/黒子首

 

予想を裏切る度★★★★☆な曲

 

この曲、聴いてすぐのころの「あ~、こういう系統ね」という予想が、一瞬ひっくり返されて、ぐらつく感じが好き。この不安定さが、「夢を諦めたい」という願望形の揺らぐ意志に通じるものがあるのかもしれないと思った。

 

 

 

花火/aiko

 

夏度★★★★★な曲

 

言わずと知れたaikoの名曲。個人的にaikoの曲で一番好き。

初めて知ったのが、小学生の夏祭りのときだった。地域のお祭りって、カラオケ大会とかやってたりするんだけど、そこで大学生の名も知らぬお姉さんが歌ってた。

それがメチャメチャウマくて、横でそれを聞いていた友達が「これは持ち歌だな」といった。

 

夏の星座にぶらさがって 上から花火を見下ろして

 

aikoの歌詞はどこにもないほど斬新に聞こえる。珍奇な素材でできているわけじゃなくって、どこにでもある言葉から生み出しているのが凄い。

 

 

おわり。

みんな。音楽を聴こう。俺はCDが欲しい。

 

 

 

 

 

 

7月19日(月);(70/93)日目

 

わけあって電車の中から書いている。おはようございます。

 

気付いたら梅雨が明けていて、今日の予想最高気温は37度。

バカか。微熱じゃねえか。

 

気象をつかさどる神の部門、今人材不足なんだろうなとうかがえる。気象司り部の教育カリキュラムに大規模な改訂があって、体温を超える気温を出してはいけないという文言が削除されたんだろうな。

 

いつの時代も教育は大切だ、サボらないで欲しい。

 

 

 

では日が南中するまえに、今週のまとめ。

 

 

 

f:id:bakabon-party:20210719081415p:plain

 

 

1.適当に日記を書くのは楽だ  

 

冒頭でも言った通り、今週はかなり乱暴な日記を書いている。その自覚をもって乱暴に日記を書くのは、楽だし、少し楽しい。

 

そもそも日記と言うごく個人的な行為に、もとよりサービス精神など不要だったのだろうか。

 

 

 

 

2.やっぱりYouTubeなんていらないのかもしれない  

 

今週少し思ったことだ。

やっぱりYouTubeなんていらないのかもしれない。

この予感に関する答え合わせは、やっぱりあと三週間後くらいにようやっとわかることだから、楽しみにしておいて欲しい。

 

 

 

 

 

今週はこんな感じで。

熱中症に気を付けてガンバロウ。

YouTubeを三か月見ない男【第九週:7.6~7.12】

f:id:bakabon-party:20210707010545p:plain

 


先週の記録↓

aodrips.hatenadiary.com

 

 

来週の記録↓

aodrips.hatenadiary.com

 

 

第一日目↓

YouTubeを三か月見ない男 - 言いたいこと以外言わないソレ

 

目次↓

 

 

                 

 

今週もよろしくお願いします。

 

今週もよろしくお願いします。

 

先週は元気がないうえに文章が多く、しょんぼり状態な雰囲気を醸し出していました。

 

さて今週は元気にブログを書き切ることができるのでしょうか?

期末試験対策は大丈夫なのでしょうか?

 

期末試験のほうは助けてください。

 

 

 

以下、当企画のルールです。

 

【ルール】

・今日5月11日から三か月後の8月11日までYouTubeを見ない。

・講義動画など、やむを得ない事情は対象外にする

・頑張って日記も書く。

YouTubeに限らず、動画共有のみを目的としたサイト(ニコニコ動画など)全般を利用しない。

                 

 

 

 

 

7月6日(火);(57/93)日目

 

期末試験がじわじわ迫ってきている。雪だるま式に膨れ上がってきている課題への対処にも追われ、精神の健康と肉体の体力が徐々に徐々に蝕まれている。

 

 

最近はYouTubeが見たいという欲求が少し出てきている。ピザーラのCMを見てしまったせいで異様にピザを食いたくなるのと同じくらい、YouTubeが見たい。

 

オモコロという僕の敬愛するwebメディアが運営しているオモコロチャンネルというアレが見たい!

 

六月八日、一か月前にアップロードされた「クイズ HUNTER×HUNTER」すらまだ見れていないのだ。

 

 

f:id:bakabon-party:20210708213827p:plain

 

 

そんな鬱憤をため込んだままでは、精神衛生上よろしくない。

 

ストレスによって頭蓋が爆裂し、脳味噌から謎の汁が大量に噴き出して死ぬ未来しか見えないのである。

 

紫キャベツから出てくる汁と完全に同じ色の汁が噴き出して天井を紫色に染め上げ、部屋の敷金が返ってこないまま死んでしまうのだ…。

 

 

そんなのはいやだ!!

 

 

やなせたかしよろしく叫び、懸命にインターネットを駆け巡ったのち、YouTubeの代わりの息抜きをついに発見したのである。

 

 

 

 

それが、「片道勇者」である。

 

 

f:id:bakabon-party:20210708220642p:plain

 

片道勇者とは、wolfRPGエディターで作られたPCフリーゲームである。

 

woldRPGエディター(通称ウディタ)というエディタを開発したSmokingwolf氏が2012年8月5日に配信を開始したこの「神ゲー」は、初めてそれを発見した高校生の頃の自分にとてつもない衝撃を与えたことを覚えている。

 

 

僕は基本的にゲームにハマる方ではないと思う。そこそこするけど、ハマる、という体験をあんまりしたことが無い。

毎日APEXをしたり、モンハンをしたり、深夜までポケモンの孵化厳選をしたり・・・とか、そういう体験があまりない。

 

 

人生でハマった三大ゲームに数えられる「片道勇者」について今日はダラダラ書くから、どうでもいい方はスキップしてくれ。

 

 

 

 

 

 

f:id:bakabon-party:20210709001721p:plain

キャラクリエイト画面


 

さて読者厳選も終わったところでキャラクリをしていこう。

 

職業は最初は「騎士」と「剣士」の二つのみなのだが、条件を達成したり、ポイントを支払うことによってさまざまな職業を解放できる。今回は「海賊」でプレイする。

 

魅力値は低いが泳ぎ・宝箱の解錠が得意で、膂力と生命力に優れた職業だ。

ややこしいことをゲームまで考えたくないタチなので、こういう「レベルを上げて物理で殴る」キャラが大好きなのだ。

 

 

ちなみにキャラネームの「栃内」は僕の高校の社会科教師だ。平均的な50過ぎのオジサンを想像してくれたらそれが「栃内」。

今から社会科教師栃内が世界を救うので、見ててくれ。

 

 

f:id:bakabon-party:20210709002743p:plain

魔王を倒す使命がある

この片道勇者、どのようなゲームかという説明がまだだった。

 

ゲームシステムはローグライク

風来のシレンとか、トルネコの大冒険、あとポケモン不思議のダンジョンとかを想像してくれるといい。ターンごとに移動・攻撃・アイテム使用などを繰り返して戦うのである。

 

 

魔王を倒しに行く、という使命はありがち中のありがちなのだが、この片道勇者が他のローグライクと一線を画しまくっているのが、

 

左から即死エリアが迫ってくるので右に進み続けるしかない』『後戻りの効かない一方通行のローグライク」なところである。

 

画面左端に見えるくらい影は、栃内が行動するたびに左からにじり寄ってくる。

 

 

 

 

f:id:bakabon-party:20210709003156p:plain

母校の教師がぐんぐんレベルアップしていく

 

ちなみにこのゲーム、慣れると勝手がどんどんわかっていくので、あらゆることが効率よく運んでいく。雑魚敵に倒されることなどそうそうなくなる。

 

まだゲーム内時間で三日も経っていないのに、出くわすダンジョン全てにもぐっていたら、栃内のレベルが過去最速で上がっていった

ムキムキのオジサンである。

 

 

 

 

f:id:bakabon-party:20210709003700p:plain

闇が迫っている

全体マップでは、基本このような荒涼とした世界が広がっている。バイオームの概念もある。

 

 

 

 

f:id:bakabon-party:20210709004330p:plain

社会の教師が持っていい代物じゃない

 

マップ上にランダムに落ちていたり、商人から買える「巻物」を読むことにより、装備中の武器に特殊効果を付与することができる。

 

今回は非常にヒキが良かったので、次々に効果を付与していったら大変なことになった。

「燃やし」「怒り」「そして消耗しにくい」バトルアックス。

 

高校教師が持っていたら、まず職員会議は免れない。

教育委員会に訴えられる前に魔王を倒そう。

 

 

 

f:id:bakabon-party:20210709010716p:plain

強敵登場


雑魚みたいな見た目しているくせにかなり強い「クマ」の登場である。

初心者は大体コイツの高火力の前にあたふたしているうちに殺されてしまう。

 

社会科教師には荷が重い。

ここで彼の旅は終わってしまうのか・・・。

 

 

 

f:id:bakabon-party:20210709015051p:plain

瞬殺

瞬殺だった。

ツーパンくらいでいけた。

 

さっきまでクマがいたところがドロップアイテムになってる。

 

 

今回は手際とアイテムのヒキが良すぎたのだ。

もうレベル17だし。こんなの最高記録だよ。

 

 

f:id:bakabon-party:20210709021459p:plain

魔王登場(画面右,せっかく登場したのに夜なので見えにくい)

そうこうしているうちに魔王が現れた

 

今回プレイしている「やさしい旅」モードでは、400km地点で魔王が現れ、それまでに準備した結果で魔王と対峙する、という感じである。

 

 

 

さあ、いくら順調とは言え苦戦を強いられるぞ!

 

油断はならない!

 

いいか、

絶 対 油 断 は な ら な い ! !

 

 

 

 

 

f:id:bakabon-party:20210709022059p:plain


全然関係ない武器に「移動不能の巻物」を読み始めた。

 

なんなの?

 

 

このゲーム、400km地点で魔王を倒せばゲーム終了なので、データ間でアイテムを共有できる「次元倉庫」 というシステムがあるのだが、それに預けるための新品の武器を作っていた。

 

今??

 

 

 

 

f:id:bakabon-party:20210709022447p:plain

 

こんなことばっかりしていたら普通に仲間が一人死んだ。

 

栃内・・・お前仲間の命をなんだと思っているんだ。

 

 

しかし、サブウエポンである仲間を一人失うと、火力の低下が懸念される。

雑魚の仲間とはいえ、1回分攻撃が増えるのは貴重な戦力である。

 

このままでは、敗北もやむを得な

 

 

f:id:bakabon-party:20210709023026p:plain

 

勝ったわ。

 

なんか攻撃キー連打しまくってたら勝ってたわ。

 

ちょっと海賊の手際が良すぎて、気持ちいいくらいの快勝だった。

 

 

 

 

 

みんなもそんな片道勇者を、やろう!!!

 

 

公式ホームページはこちらから!!!!!!!

 

silversecond.net

 

 

(たぶんだ~~れもやらない)

 

 

 

 

 

7月7日(水);(58/93)日目

・表記ゆれの話  

 

今日は七夕らしい。先週も言った通り、北海道出身のぼくにとって七夕は八月の行事で、これが七月に、もともとあるべきように実行されているのに違和感を抱いている。

 

変に特殊な様式に慣れ過ぎてしまったせいで、返って一般的な慣習に戻れなくなる体験、意外と日常に多い。

 

 

 

たとえば僕の敬愛する「数学」でもそんなことが起こりうる。いわゆる表記ゆれみたいなものである。

 

 

二週間ほど前のブログで、長い時間かけてやっと読了したと報告した、齋藤正彦先生著「線型代数入門」は、その初版が古かったこともあり、多くの表記ゆれが見られた。

 

 

f:id:bakabon-party:20210710121525p:plain

齋藤正彦先生の線「型」代数入門

 

これ、理系学生以外からしたらなにが表記ゆれしているのかチンプンカンプンなのだが、普通(少なくとも最近)は線代数でなく線代数とするのが一般的なのである。

 

教授に以前理由を問うたら、字が簡単なほうがいいかららしい。そりゃそうだ。

 

この数学書では、「線空間」も「線写像」も、「線独立」も、すべて「線空間」であり、「線写像」、「線独立」であり続けるのである。

 

そのクセが全然抜けなくて(抜く必要もないのかもしれないけど)、全ての板書で格式ばった「線型」を量産してしまっている。

 

 

f:id:bakabon-party:20210710121920p:plain

 

さらに読者厳選にかかるのだが、この本、直和記号も普通のと全然違うのが困りものだ。

 

(たぶん誰も求めてない解説)

直和

死ぬほどざっくり説明すると、ある集合を二つ(あるいはそれ以上の数)で埋め尽くそうとしたときに、お互いに共通な部分をもたないで、ピッタリもとの集合が敷き詰められること。のりしろが無い、みたいな。

 

f:id:bakabon-party:20210710122835p:plain

 

ホントはこんな、存在しない地図記号みたいな形なのに、齋藤正彦先生の本だと、できもののできた+なのである。あんまりだ。

 

 

中世の盾みたいでカッコいい直和記号に慣れていきたい。

 

 

 

 

 

・模擬授業の話  

 

僕は一応教員免許を取得しようと思っている。

その教職課程の一つに、学生同士での模擬授業というのがあり、それが一週間後に迫っている。

 

しかし全く何も用意をしていない。どの単元をチョイスするのかすら、まだである。

 

授業という行為自体は嫌いじゃないので、あとは時間と心の余裕をそっと机の上に用意してあげればいいのだが、それがどうにも難しい。

 

もういっそすべてメチャクチャにしてやろうかな。

 

 

模擬授業指導案

 

「はい、では授業をはじめ―――――――ません皆さんには今から殺し合いをしてもらいます、渡辺君、教室から出ようとしても無駄です。窓やドアの鍵は全て施錠されています。ガラスを割る――それも賢い選択とは言えませんね、窓枠にはガラスが壊れると同時に爆発する、爆破装置が仕掛けてあります。さてそれでは武器の支給の前に簡単なゲームをしましょう。皆さんこのカードの中から一枚だけを引いてください――――――では出席番号順に教卓へ―――」

 

 

総評:僕は運動といえる運動をここ二年ほどしていない貧弱野郎なので、たぶん普通に僕がリンチされてデスゲームが終了するから却下

 

 

 

 

 

C言語の話とPythonの話  

 

大学でプログラミングの講義を取っていて、そこでC言語を扱うようになったのだが、なんとなくPythonが流行る理由が分かった気がする。

 

プログラミングに関してはほとんど素人なのだが、Pythonは小難しくないと感じた。もちろん色々勉強することは多いが、関数の型とか、あんまり考えなくても何となくでできてしまう。

 

そんなPythonからプログラミングに入ってしまったため、現在C言語の習得に難儀している。

 

課題、頑張らなきゃだ。

 

f:id:bakabon-party:20210710125759p:plain

よくないふざけ方をしているナベアツのソースコード

 

あ、良くないふざけ方をしているナベアツを出力できる奴、貼っときます(Python

 

 

 

 

 何だ、この日記のフォーマット。こんな箇条書きにしてたっけ。こんな、覚書きみたいな…。 

 

 

 

 

 

7月8日(木);(59/93)日目

・崩壊の話  

 

全て崩壊し始めている。

 

まず月曜日に、大事に使っていたアーノルドパーマーのリュックが壊れた。(参照

そして、数年前の誕生日に父に貰った腕時計のベルトが剥がれ始めた。

 

まえまえから怪しかった折り畳み傘は今度こそ完全に閉じ切らなくなり、度重なる課題や試験に忙殺され、元気が少しずつなくなってきた。

 

そんな日々にげっそりしながらスーパーから帰ってきたら、買った卵がパックの中で割れていた。

 

 

 

バキバキに 割れて いた・・・。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:bakabon-party:20210710145812j:plain

 

ンア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ア”ッッッッ死"!!!!!!

 

 

f:id:bakabon-party:20210710150003j:plain

 

シュッ!シュッ!シュッ!シュッ!シュッ!シュッ!シュッ!シュッ!シュッ!シュッ!シュッ!シュッ!シュッ!シュッ!シュッ!シュッ!シュッ!シュッ!シュッ!シュッ!シュッ!シュッ!シュッ!シュッ!シュッ!シュッ!シュッ!シュッ!シュッ!シュッ!シュッ!シュッ!シュッ!シュッ!シュッ!(槍を突く)
 

 

f:id:bakabon-party:20210710145812j:plain

 

ボアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアンヌス!!!!!!!!! ボアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアンヌス!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:bakabon-party:20210710150231p:plain

虚無

 

 

 

親子丼にした。

 

 

 

 

 

 

 

 

・生活が一番フィクションかもしれない話  

 

 

僕はアパートに住んでいる。マンションじゃない方だ。

 

このアパートとマンションの差、って、あらゆる点で大きいなと感じる。

 

僕の大好きなネットラジオ「匿名ラジオ」第62回「人生スッカスカ人間ARuFa、インスタグラムを勧められる」にて、オモシロ記事を書くライターが、Instagramで唐突におしゃれな振る舞いをし始めたことに対しARuFaが、

 

「君はアパートなの?マンションなの?どっちなの?」

 

というような言葉を発しているが、僕は全262話中(執筆時点)でも、この言葉は屈指のお気に入りである。

 

omocoro.jp

 

この言語感覚、良いよね。

 

 

 

それで、僕は「アパート」の方に住んでいる。

セキュリティがメチャクチャ完備されているわけでもなく、鉄製の重い玄関扉から、他所の話し声が筒抜けになる「アパート」に住んでいる。

 

一年少し住んでいて、同じ建物の住人に遭遇した回数は片手で数えられる程度だが、今日はそんな住民の息遣いを感じることのできる一件があって、心がめちゃめちゃになってしまいそうだった。

 

 

夜、バイトが終わり、角部屋の自室に戻ろうと廊下を歩いていたら、途中扉の向こうから話し声が聞こえた。

立ち聞きするつもりはなかったのだが、漏れ出る声が大きくて、聞こえてしまったのだ。

 

 

女性「きつね色になるまで揚げるんだって」 

男性「え~、もう食えそうじゃん」

女性「でもレシピに書いてるよ」・・・

 

 

あまりにも生活感。あまりにも現実。

 

フィクションで描かれる恋物語より、何万倍もの幸福を湛えた何気ないこの瞬間こそ、フィクションかと見まごうほどに手が届かない。

 

 

うわああああああ、なんなんだ。

 

しゃがみ込みそうになるが、そんな状況を目撃されたら一発アウトである。

 

「フィクションと見まごうほどに手が届かないんです・・・」

「ハイハイ、話はあとで訊くから、パトカー乗ってください」

 

 

 

同じ「アパート」なのに、この描かれ方の異なりはなんなんだ。

 

こういう生活感が僕はたまらなく好きだ。それの中に在る瞬間が好きだ。

でも一歩離れて、自分がそれを手に入れられないとき、その生活感が憎くなる。風神雷神が突如出現して、このアパートごと倒壊させてくれとすら思う。

 

 

しかし、僕が風神雷神を誘致するわけにはいかない。

 

 

管理会社が飛んできて、唯一無傷で生き残っている僕に容疑をかけ、しばらくするとサイレンの音が聞こえてくる。

 

 

「どうして風神雷神なんて召喚したんだ」

「フィ、フィクション・・・現実・・・手に・・・」

「ハイハイ、詳しい話はパトカーの中でしましょうか・・・」

 

 

 

 

 

 

 

7月9日(金);(60/93)日目

・体力が赤ゲージな話  

 

体力がもう、無になりかけている。

ポケモンで言えばあの「体力が赤ゲージの時に鳴るBGM」が流れている頃なので、早くきずぐすりを使ってほしい。

 

正直日記を書いている体力はない。

それも、毎日コツコツ書く体力など、残っていない…。

 

ではなぜいま書けているかと言うと頑張っているからである。(未来の俺が)

努力は、全てを救うのだ。(未来(2021/7/11)の努力が)

毎日コツコツ、たくさんは書けないとしても、少しずつ書けばいいのだ。(溜めといて後で)

 

 

いいか。これは「格言」なので、しっかり心に刻むように!!

 

 

 

・100ワニ観に行きたい話  

 

さて最近また巷間を賑わせているのが「100日間生きたワニ」である。

 

Twitter大好きインターネットの僕たちにはご存じの通り、きくちゆうき氏がTwitter上で連載していた四コマ作品「100日後に死ぬワニ」の映画化作品である。

 

 

f:id:bakabon-party:20210712144649p:plain

ワニのクセに「チョキ」を出すな

 100日後に死ぬ、というリミットを予め提示し、カウントダウン式に作品が進む、画期的な形式の「100ワニ」は、日本中を巻き込む作品世界を構築した。

 

そしてこれから長い年月かけてはぐくまれ、一つの「あたらしい名作の形」になる。

 

 

・・・ハズだった作品である。

 

 

 

みんな、もうここから先に怒る一連の「炎上」の流れは周知の事実であろうし、知らなかったとしても「100日後に死ぬワニ 炎上 まとめ」とか、「100日後に死ぬワニ 電通」とかで検索してくれればいい。

 

ggrks(死語)

 

 

f:id:bakabon-party:20210712204251p:plain

 

f:id:bakabon-party:20210712204340p:plain


 

 

そんな100ワニ。 

 

100日後終了時に矢継ぎ早に書籍化・グッズ化などの続報が発表され、その一つに「映画化」というものがあって、今回、それが公開されたという運びである。

 

 

twitter.com

今、ブログのために調べて初めて知ったんだけど、中村倫也とか神木隆之介が声優やってるんだ…。

 

試しに「100日間生きたワニ 感想」でグーグル検索かけると、出るわ出るわ厳しい批評の数。

 

 

「間が悪い」

「紙芝居」

オリキャラがウザい」

などなど・・・

 

 

インターネットのフラストレーションの捌け口にされているの感はどうにもぬぐえない。

見たら批判していい論理が横暴に罷り通っているのも気にかかる。

 

 

やはり百聞は一見に如かずなのだろう。

一度は日本を駆け巡るほどの作品力(ぢから)を見せつけた100ワニなので、自分の目で見てみたい。

 

金欠だけど。

 

 

 

 

ちなみに僕の好きなライターもつい昨日100ワニについての感想文を書いていたので、そちらも読んでみて欲しい。

note.com

 

 

 

 

 

 

 

7月10日(土);(61/93)日目

 ・雨男が極まってきた話  

 

どうも。

今はファミマのイートインでブログを書いている。バイトまでの時間つぶしである。

 

 

突然だが、僕は雨男だ。

 

小学5,6年生まではたぶん晴れ男だったんだけど、中学校に上がる前あたりから雨男としての頭角を現してきた。

 

そしてその境目となる小学校5,6年生というのは、僕が丁度インターネットにハマった時期とピッタリ一致しているので、僕は「インターネットの負の波動がすべてを破壊した」と踏んでいる。

 

最近その「雨男」が、ついに極まってきている。

 

 

 

 

f:id:bakabon-party:20210712224049p:plain

 

「今日はバイトだから早めに出て、イートインで昼食を摂ろう」と思い、家を出て20歩ほど歩くと突如大雨が始まった

 

横槍に振っていたので、傘の意味がほとんどない。スラックスが完全にビショビショになり、素肌まで濡れてしまって気持ちが悪い。小学生のころのお漏らしを思い出す。

 

あ~あ、最悪だ。

突然の雨に、傘を持たず奔走する人々もいる。

 

 

ファミマに入り、昼食を選ぶ。

 

コンビニのフードコーナーは何時間でも見てられる。だけどじっくり見ている時間はそこまでなかったので、直観的にいくつか選んで会計に持っていく。

 

お会計が済み、イートインへと向かう。イートインというのは大概一面ガラス張りだったりして、非常に日当たりが良い。

 

しかし今日は大雨、大雨を眺めながらのメシである。まあ、そういうのもまた一興。

 

 

 

――――――あ? 晴れてら。

 

話が違う。なぜ晴れている?

 

 

これじゃあまるで、何かクソデカな意志みたいなやつが「俺が外にいるときだけ」雨を降らせようとしているみたいだ。

 

 

おい!!!!!!!!!!!!!

 

やめろ!!!!!!!!

 

クソデカ意志!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

・ファミマのイートインで中学生がバナーで出てくるエロ漫画読んでいる話  

 

 引き続きイートインに居る。ブログを書くくらいしかやることが無かったので、ブログを書こうと思った。

 

イートインに長居するのはどうにも気が引ける。

別にまだ買ったLサイズのコーヒーが残っているんだから、それを飲み干すくらいの時間ならいても誰も咎めないのだろうけど。

 

だからきょろきょろしてしまう。

 

怖いお兄さんが座席を求めて双眸を光らせていないか。暇を持て余したマダムたちが羽を休める場所を探していないか。

 

 

それを調べるためきょろきょろしてしまう。

 

フム、ゴミ箱を整理する店員教科書のようなものを読んでいる女子大生、そして僕の真後ろには中学生二人組。5ちゃんのバナー広告で出てくるエロ漫画を読んでいるのと、電波人間のRPGをやっているのが、それぞれファミチキをチビチビ食っている。

 

 

電波人間のRPG、懐かしすぎるな。

 

まあともあれこれで、まだしばらく俺はここに居ても良さそ

 

 

エロ漫画読むなし!?!?!?!??!?!??

 

 

ファミマまで来て 友達といて イートインでファミチキを食いながら

バナーでよく出てくるエロ漫画を読むな!!!

 

いや、いいんだ。厳密には自由なんだ。

人間の自由性は、フランス人権宣言の際にさんざっぱら説かれてきたし、お前は自由だ。だから読んでも良いんだ。

 

でもなぜ??

 

思春期はたしかに人を狂わせるが、何故だ。

なぜまとめサイトのバナーでよく出てくるエロ漫画を、こんな大雨の日に、ファミリーマートで、友人(電波人間のRPGをやっている)の眼前で読んでいるんだ。

 

 

今日は狂っている。

 

何かが決定的に狂っている。

 

 何か、決定的な違和感がぬぐえないでいる。 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月11日(日);(62/93)日目

・続・雨男の話  

 

月曜日に崩壊したリュックサック。

 

バンドがWJ最新号のデク君くらいボロボロになってしまった時計。(お茶子ちゃんと飯田君、そしてかっちゃん…激アツ)

 

そして折りたたむ機能が完全に破壊されてしまった折り畳み傘。

 

 

それらの全てに終止符を打つため、今日は出かけることにした。

 

仙台か山形南か悩んだ末、雨の予報が出ていない仙台に向かうことにした。そうだ。ならついでに夏服を買ってしまおう。

 

梅雨の中でも雨予報の出ていない仙台。そして久しぶりのショッピング。

気分は自ずと高揚する。

バスの中から見える景色。山の中は霧雨に包まれていたが、そこを抜けると一切雨はふっていなかった。

 

 

仙台。webnokusoyaroの故郷。

北海道にいたころは、果たして仙台にお出かけする自分というものをどこまで予測しうるものだったのだろうと、少し思う。

 

 

バスを降車し、事前に調べていたカバンの修理屋に向かう。天気は曇天でこそあれど、雨の降る気配は無く、日の光も届いていて明るい。

イヤホンの音量をマックスにして、SULLIVAN's FUN CLUBを聴く。

 

 

 

カバン屋に修理を持ち込むと、気さくなオジサンが接客してくれる。

彼はファスナーに巻き尺をあてがって、取り換えの為に全長を測る。慣れた手つきは、見ているだけで心地がいいものだ。

様々な箇所をつぶさに点検したのち、電卓を叩いて見積を出してくれる。

 

8400円ほど。想像していた半分くらいの価格で、正直喜びを隠せない。

 

修理を依頼し、僕は足取り軽く店を出る。

さあ、まだまだやることはたくさんだ。潤沢な休日に心が躍る。

 

さあこの自動ドアの向こうに、素敵な休日が――――――。

 

 

 

――――――降ってる。

 

降ってる。

 

予報にも無かった雨がギャン降ってる。

 

正直雨量自体は昨日のものに比べると全く大したものではないのだが、降っている。

 

 

 何なんだ。本当に俺は何らかの能力に覚醒してしまったのだろうか??

 

 

完全にFAIRY TAILの初期ジュビアとおんなじなんだが。

 

f:id:bakabon-party:20210713035053p:plain

初期の、雨女設定が凄かったジュビア

俺は、ジュビアなのだろうか…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・ふぅ、あと少しだ。

 

 やっぱり、何かおかしくないか? 

 

 

・・・。

 

・・・何がって、何がさ。

 

 

 

 ・・・具体的にはわからない。でもとにかく、今の俺は今の俺じゃないみたいなんだ。多分キミも違和感を感じているだろ 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:bakabon-party:20210713040611p:plain

キミ

 

 

 

 

 

・・・それでは、明日の日記に移ろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月12日(月);(63/93)日目

 

 

f:id:bakabon-party:20210628230558p:plain

 

 

1.不可解な点について  

 

 

 ・・・なあ、答えてくれ。いくつか質問があるんだ 

 

 

 

f:id:bakabon-party:20210713041519p:plain

 たとえば7月9日の日記のこの部分。 

 

 ここではつい昨日、恐山の日記が上がったと言っているが、この日記の感想文が彼のnoteにアップロードされたのは7月11日のことだ。 

 

f:id:bakabon-party:20210713041722p:plain



 なぜ、未来にアップロードされているはずの日記に対し、「つい昨日」なんて言っている? 

 

・・・。

 

 だんまりか。まあいい 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.不可解な点について2  

 

 

 

f:id:bakabon-party:20210713041945p:plain

 

 そして7月10日の日記のこの図。これもおかしい。あってはならないことが起きている 

 

 何故なら、冒頭でこんなふうに言っているからだ 

 

 

f:id:bakabon-party:20210713042115p:plain

 な、おかしいだろ。今はバイト前にファミマのイートインでブログを書いているはずなんだ。 

 

 なのにどうして、あの図にはファミマを出てバイト先についたときのことが書かれているんだ?未来予知でもしたつもりか? 

 

 

・・・うるさいな。

 

 黙れ、まだある。 

 

 

 

 

 

 

 

3.不可解な点について3  

 

 

 思えば、水曜日からすでに違和感がはなはだしかったんだ 

 

 

f:id:bakabon-party:20210713042649p:plain



これは、水曜日の日記の末尾だな。それが、なんだよ、変な黒線は、編集ミスか?

 

 とぼけるな。これを範囲選択すると、こうなる 

 

 

 

f:id:bakabon-party:20210713042835p:plain

 

 これは俺のコメントだな。黒塗りですっかりつぶされてたって寸法だ 

 

 なんなんだ。今週を通して行われていた覚書きみたいなフォーマットは。

 

まるで、その日のうちに書ききれないものを、せめて ネタだしだけして あとで纏めて書こう みたいな思惑があったみたいに感じる 

 

 

もういい、もうたくさんだ。やめてくれ。

 

 

 決定的証拠がこれだ 

 

 

f:id:bakabon-party:20210713043309p:plain

 一見、まともに書いてあるようなこの7月9日の「格言」とやら 

 

 これも範囲選択してやると、こうなる 

 

 

f:id:bakabon-party:20210713043446p:plain

 

 憐れだな。日記、というフォーマットに固執しすぎるあまり、溜めて、捏造して書きあげるという最低の行為をしてしまった 

 

 おおかた、その罪悪感に押しつぶされ、白背景に白文字で「贖罪」を行ったつもりなだろう 

 

 

・・・もう、たくさんだ、もうたくさんだと、言っている・・・。

 

 ・・・。 

 

今週は、大変なんだ。

 

来週、再来週に向けてやることが無数にある。

 

このままじゃペシャンコのスクラップになっちまいそうだったんだ。もう。パンク寸前だ。

 

 ・・・。 

 

 

来週分は、来週分はなんとかうまくやる。

 

許してくれないか。

かつて俺は、HIKAKINに赦しという言葉を託したが・・・。

 

 

f:id:bakabon-party:20210713043915p:plain

aodrips.hatenadiary.com

 

 

・・・それは自分の為の言葉だったのかもしれないな。

 

 こじつけだ。それで伏線回収などとほざくなよ、尾田栄一郎の靴を舐めて謝れ 

 

 

・・・ああ。でも、俺が紡いできた冗談が、間違いなく、俺を許してくれるようなことがこの先、絶対訪れると思うんだ。

 

 

 

 ・・・。 

 

 

こんなカスの伏線回収しか今は用意できないが、もう少し、もう少しだけ赦しをくれないか・・・。

 

 

 ・・・。 

 

 

 ちゃんと大学行けよ。課題もちゃんとやれよ 

 

 

・・・ああ。頑張るよ。

 

 

 ・・・じゃ、俺はもう寝るわ。 

 

・・・。

 

 

・・・・・・。

 

 

・・・・・・。

 

 

 

 

 

イヤ、何?????????????????????????????????????

痛すぎ~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

中二病を みんな 早く治そう!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

f:id:bakabon-party:20210713044524g:plain

こういうのがやりたかっただけ

じゃ、おやすみなさい。大学にはちゃんと行こう!(提案)