言いたいこと以外言わないソレ

言いたいこと以外のことを言わない文章の集まりです。

この感情は適切か?

全てのものに対して素直になっていきたい。

 

嬉しいときは嬉しいぜの表情を純度100%で出力していきたいし、悲しいときは悲しいぜの表情を純度100%で出力していきたい。

 

結構難しいのだ。楽しかったり嬉しかったり感謝していたり申し訳なく思っていたりすることを、わざとらしさ無く、相手にまっすぐ伝わるように出力するのって、難しい。もちろん、相手の言ったことに笑ったり、言葉に出してありがとうということくらいは(たぶん)できているんだと思うけど、自分の思う方向に自分の思う感情を自分が思う形式で出力するのが下手である。

下手であるってあたかも自分の性質のようにこれを言っているけど、たぶんこれって「技術」の範疇だから、単に誠心誠意のコミュニケーションをさぼり続けてきた弊害が出ているだけ。例えツッコミだけで会話を成り立たせてきた弊害が最近出ているように感じる。

 

 

sumikaのライブに行った。

アンコール前ラストの「言葉と心」を聴いて、そんでその前の、あまりにもまっすぐすぎるMCをハートブレイクショットのようにモロに喰らって心の奥につっかえていた何かが取れた感覚がした。

 

 

俺は自分のことを真っ直ぐ生きることができない人間だと観察している。というか、俺の真っ直ぐはきっと、斜め方向に曲がっているんだろうけども、これを俺は真っ直ぐとして定義して生きていくから、もういったん諦めて気にしないで生きていきます、との立場をとっている。

 

でもなんか、sumikaの音楽を浴びに浴びて、二つの仮説が自分の中に根差し始めた。

 

一つは、自分は思ったよりもまっすぐきちんと生きることができているのではないか?ということ。

もう一つは、まっすぐ生きることができないとかできるとかじゃなくて、きちんと前を向いて生きていこうとする者こそが真っ直ぐ生きているということなのではないか?ということ。

 

特に二つ目の仮説の確からしさは結構高くて。

ひねこびて生きている生き方だけが自分の中で肯定されているような感じがしてるんだけど、それって本当は真っ直ぐじゃないんだなって気付いた。当人の中で絶対的に肯定される=真っ直ぐ、っていう理解のはどう足掻いても少年漫画の中の範疇を出ない。

 

サッカー日本代表も応援していいんじゃないの? WANIMAとかも聴いていいんじゃないの? TikTokで聞いたことある!って声高に喧伝してもいいんじゃないの? 本当はそうなんじゃないのか?

 

ラウンドワンスノーボードも麻雀もパチンコも飲み会のコールもつまらない内輪ノリを垂れ流すだけでおまんま食ってるYouTuberも、本当はそれらすべて俺に必要不可欠な要素だったんじゃないかと、思った。

 

sumika聴いてこんな感情を抱くのは適切か不適切か、その判断は俺にはしかねるけど、こういう感情になったということだけは大事にしていきたいし、これを堂々とインターネットに刻印しておこうとも思った。

 

 

「真っ直ぐ」とか「素直に」って、想定される何倍の難易度を誇っているんだなって、凄く思った今日だった。

 

部屋掃除:夜の部

お酒でも飲んでめちゃめちゃになりたい夜だ。と、言ったもののそんなことはなかったり、する。

友人からかなりハイスペックなパソコンを好条件で譲り受けたし、仲のいい友人が部屋の掃除を(深夜の二時まで!)手伝ってくれた。

お陰様で、明日のベッドや机などの買い物に向けてのモチベーションや円滑さもどんどんうなぎ上りに整ってきており、全体としてはむしろ快い気分になるべきなのである。

 

が、もう今日は馬鹿になりたい!現在時刻は午前3時38分! OH SHIT!! 馬鹿になるにはまだ早すぎるぜ…!

しかも、片付けの進捗状況は、全体の僅か40%程度。出発まであと8時間くらい。寝てない。明日久しぶりに車運転しなきゃいけない。視界の左目側に、チラチラと見えるコード、衣服、雑貨、雑紙の山、山、山、主張してくんな!俺の視界に…。

 

文章を書かずにはいられない気分になっちゃったからね、だから書くしかない。友人と帰り道話したんだけど、「愛されていないことよりも愛するものがないことがこんなにも悲しいものだとは思わなかった」といった感情。これ、絶対黒歴史になる文章をネットに残している自負はマジラブ2000%あるんだけど、でもでも、みんな思い当たるフシはあると思う。マジでそうでしょ。

おい、お前もそうだろ!

はい…。

 

すごく睡魔が襲ってきた。カフェイン摂取し続けているのに、凄い睡魔なんだよな。だめだ。寝てはいけない。まだ、やるべき、ことが…。

でかいパソコンが来たぞ!

でかいパソコンが来たぞ!!!!!

 

でかい!!!!!!!

 

パソコンが、来たぞ!!!!!!!!!!

 

ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

 

でかい

 

でかいし速くて強い

 

まるで恐竜

 

恐竜の乱舞

 

まだキーボードの感覚に慣れてないけど

 

これは

 

でかい

 

でかくて

 

つよい

 

パソコンが来たぞ!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

すべてをもみくちゃにして 破壊

 

覚悟はいいか

 

俺はできてる

部屋掃除:昼の部

どうがんばって部屋の掃除をしても、部屋に清潔感が付与されないような感じがして、途中で投げ出したくなる。本当に自分に部屋掃除の才能がないのだと実感できる。

 

なんていうか、物が多いんだよね。多すぎる。でもどれをどこにどう格納すれば、どれくらい効果的に部屋が片付いていくのか、頭の中でまったく構成できない。3年住んでるこの家の空間を全く支配できないのである。

もしかして、俺空間認識能力が人より乏しいのかも?

クレーンゲームドヘタだし。

でも、空間認識能力ってどうやって鍛えるんだろう。四方八方から飛び出てくる槍を瞬時に察知して最小限のモーションで次々避けまくる修行とかすればいい?死ぬけど。

 

 

12月の頭あたりに、自室の大規模な模様替えを行う予定なので、11月末の現在必死こいて総ざらい的な片付けをしているのだが、物の多さと統一感の無さによる自室の野暮ったさに落胆を続けている。申し遅れたがいまはそういう状況。マジでどうやったらお部屋がきれいになるんですか。

なんというか、部屋に無駄なものと無駄な色が多すぎる。ちゃんと掃除しないとね。あーー、こんなことしてる場合じゃないのにーー、昨日ミニレポート出し忘れたこと思い出して怒りが湧いてきた。滾々と。

本当に無軌道な文章ができてしまった

死とか殺とかいう言葉を使わずにこの懊悩を言い表さなければいけない。そうでないと俺の何かが腐り落ち瘦せ細る。当ブログを読み返したときに、陳列される記事の放つ雰囲気の、なんと似通っていること。一人の朽ちた物書きを名乗るうえで、その手数の少なさにほとほとため息が出そうになる。ので、今日の記事は、この悶々とした自分の感情を整理・破壊するうえで、後ろ向きに強い言葉を使わずにそれを成し遂げてみせようと思う。

 

 

たとえばですけど、ブログ書いている男って絶望的に魅力ないと思うんです。

でもこの「ブログ(文章)を書く」って行為って、もう「趣味」とかのレベルじゃなくて、それこそ「生きる」ことの一部になってるから、辞めたら最後、一生合わない枕と合わない椅子で暮らし続けるみたいな具合の悪さを覚悟しないといけない。

 

そういうのありませんか。いやわかってて、多分ブログを書くって行為から離れて暮らしても、なんだかんだ生きていくとは思うし、場合によっちゃいまよりも遥かにバラ色でほの温かい生活を獲得するに至るのかもしれないってことは、なんとなくわかってて。でも、辞めると自分の背骨が自分のものじゃなくなるような感覚を覚えるルーティンだったり趣味だったり職業だったりするもの、誰にでも一つは備わっているんじゃないかと思う。

僕の場合それがこれ。

 

嫌なことがあった日は瀉血をするように文章を書く。自然とここ一年のブログはなんだか暗い雰囲気を醸し出しているが、嫌な気持ちを間接的に再解釈して解毒を行っているのだから仕方ない。

当ブログのタイトルは「言いたいこと以外言わないソレ」だが、これらは果たして本当に「俺が言いたいこと」なのか?、と、思わないでもないような日々である。

 

本当は前向きで明るい文章を書いていきたい、なんてこのブログのどこかで前も言った気がするが、前向きで明るい気持ちの時は、文章なんて必要としない。嫌なことが起きてキャパを超えかけ、毒が体を、苦痛が精神を蝕み尽くしかけたそのとき、それでも前向きになりたいと祈りを込めて唱える最後の呪文が僕にとっての『文章』だから。

もちろんうれしいことがあった時、それを文章にするのもいいんだけど、なんだか出来上がるものの衝撃波が違う気がする。世界一まずいものの味と、世界一おいしいものの味、どっちが鮮烈な印象を与えると思う? 前者でしょ多分。

 

いや、それでも前向きに生きていきたいし、このブログが「もう三年も更新されてないよ」なんて見た人が思うくらいになってしまってもいいのかなって、そう考えてるよ。後ろ向きの文章なんて、崖の端っこにいるときに必要なものじゃない。二つの意味で痛すぎる正論なんだけどそう思う。自暴自棄で投げうつ「自」がないのに、堕落的に生活するのはあまりにも虫が良すぎる話だ、「自」を確立して一生懸命生きてそれでも何かに阻まれて堕落したくなるのはわかるけど、それすらないのに暴れるのは、本当に甘えだよ、せめてクツ履いて崖から走って離れてくれよ。

 

抽象的な話ばっかりするから読み返してもこのブログはおんなじ味しかしないね。

じゃあ次の記事では具体的な話でもしてみようかな。今度鬱々として文章を書くときの、ささやかなる目標ができたから、まずはそこまでは歩ける気がしてる。

 

 

ゴミまみれの汚い6畳から愛を込めて。

アンチグラビティ・ガール聴きながら文章書いてるけど、救われたくて眼球の奥の奥の奥のほうが泣きそうになってきた。

 

 

ミッシェルガンエレファント聴きながら、ハチワンダイバーの右角よろしく、獣人みたいに疾走感満載で部屋の片づけしようかな。

 

あ、そうそうハチワンダイバーって漫画が面白かった。342話までは実質無料で読めたから、そこまで貪り尽くすみたいに読んじゃった。名言と情熱と下品さと、将棋と将棋と将棋と狂気と努力と執念と暴力と将棋と、ビッグバンの加速度をもった最強の漫画だった。

将棋漫画が結構好きで、そこそこいろいろ読んできたんだけど、ちょっと異質すぎて、いきなりトップに踊り出ちゃったな、ハチワンダイバー

 

ペルソナシリーズ』と柴田ヨクサル作品の仮面 | 曖昧な知識

ミッシェルガンエレファントを聞いているときだけは、人格が豹変して、右四間飛車という超攻撃的な将棋を指す、右角。凛というアサシン見習いの女性にずっと熱烈片思いを続け、たとえどんなに断固として拒否されても、真っ向からプロポーズを繰り返し続けるそのストレートさがロックンロールで気持ち良い。

 

このセリフが良い。強くありたいよな!男として…って、忘れかけてた何かを思い出させてくれる。

ハチワンダイバー、男も女もたくましくて強すぎて真っすぐすぎるから、本当にエネルギーを無責任にこっちに与えてくる漫画だなと思う次第だ。

 

追記じみたハチワンダイバーの感想文で、中途半端にこの記事は幕切れを迎える。仮眠とって朝まで部屋の片付けする。

 

集中力の根拠|tentomushi|note

 

じゃ。

残高不足です。ICカードをチャージしてください

「自分が幸せになれないので、他人の幸福や楽しそうな感情を浴びると、ひどくみじめな気持ちになります。だからといって自助努力で幸福を獲得しようという前向きな気持ちはありません。そんなに前向きに生きていられたら、他人の幸福で自分がみじめになることなんてないんですよ、そもそも。だからみんな死んでくれ、と衝動的に思うんだけど、やっぱりそれは真面目に生きて幸せになったみんながかわいそうだから、自分が死ぬしかないんでしょうか。」

「残高不足です。ICカードをチャージしてください」

「でも結論死にたかないんです。生きる理由がないことは死ぬ理由にはならないんです、私の場合。幸福な生命を享受できないのが、本当に嫌なんです。負けず嫌いなので。」

「残高不足です。ICカードをチャージしてください」

「負けず嫌いなんだったら努力しろって、それはそうですしもちろん知ってますし、私だって明日からそうしたいです。思い立ったその時から頑張れとは自分でも思いますけど、それは無理です。もう疲れたので、無理です。」

「残高不足です。ICカードをチャージしてください」

「無理、無理無理無理。死ぬしかないんでしょうか。」

「・・・そっか。」

「残高不足です。ICカードをチャージしてください」

「・・・ちょっと、すいません。改札詰まってるので、ICカードチャージしてきてもらっていいですか」

「残高不足です。ICカードをチャージしてください」

「ちょっと。聞こえてますか? お兄さん。私急いでるんですけど」

「残高不足です。ICカードをチャージしてください」

「もしもーし、聞こえますか?」

「残高不足です。ICカードをチャージしてください」

「もしもーし、もしもーし?」

「残高不足です。ICカードをチャージしてください」

「残高不足です。ICカードをチャージしてください」

「残高不足です。ICカードをチャージしてください」

「残高不足です。ICカードをチャージしてください」

「残高不足です。ICカードをチャージしてください」

「残高不足です。ICカードをチャージしてください」

・・・

・・・

VS高校生

正反対な君と僕、というジャンププラスに連載されているラブコメ漫画が好きだ。好き故に毎回脳を破壊され、好き故に破壊された脳は急速に治癒されていく。

 

 

高校生が出てくるアニメや漫画やドラマを見ると、そのあふれ出るフレッシュさみたいなものに心が癒され、感動し、初心を思い出し、そしてふと我に返ったとき、まるで、無限に広がる真っ白な部屋にひとりぼっちでぽつんと取り残されたかのような、そういう厖大な寂寥感というか空虚さに押しつぶされそうになる。俺が今後何十億稼ごうと何百億稼ごうと、どうあがいても無垢で愚かで甘くて苦くて目が回りそうなその地点には、もう、絶対に戻ってこれないのだと、気づいてしまうのだ。

 

もうずっとこういう感情ですよ僕は。お金もない。努力もしない。25を過ぎたら死ぬしかないらしいけど何の覚悟もない。形のない恐れだけが、俺の首と肺と臓器のそれぞれを破壊している。石風呂大先生のいう通りだ。

 

 

「あの頃はよかったってことですか?」と脳内読者からよく質問が届く(重症)のだが、そういうことじゃない気がする。いわゆる「あの頃」が自分のピークとか最高到達地点とかは思いたくはないし、事実そうでもない気がする。

そう今がクソだなとひたすらに思うだけなのだ。明順応と暗順応みたいなモン。さっきまで明るい高速道路をひた走っていたとき、突如としてやって来るトンネル。急に暗くなる視界に、目がまだ全く慣れていない。順応できていないのだ、トンネル内のオレンジの光が、意外と優しくて温かいことに気づけていないだけなのだ。

 

「とはいえですね、それでもあの頃の花火みたいな輝きは、それはそれはきれいなものだったじゃないですか」と脳内読者は俺の質問箱を荒らしている(と思い込んでいる病気)。

まあそれはそうだけど、美化しすぎな気もするよ。だって俺が高校生のとき好きだった言葉、星新一の「青春とはもともと暗く不器用なもので、明るくかっこよくスイスイしたものは、商業主義が作り上げた虚像にすぎない。」って言葉だったしね。そんなひねくれた陰気臭いやつが「あの頃はよかった」なんて言ってたらお笑いだろ。

 

あーでもその無知蒙昧さも含めて甘酸っぱかったよ、もう俺は高校生中毒。JKが好きとかDKが好きとかそういうことじゃなくて、セーブ&リセットの効かないゲームを遊んでいて、回収不能なフラグが山のように積み重なっちゃったときみたいな、別ルートも試してみたいけどそれが叶わないときみたいな。

 

 

 

ね!高校生!全員一発ずつぶん殴らせてくれ。ぶん殴られたその痛みが、そのまま高校生という時期の貴重さを表してる。

そしてぶん殴った時のその虚しさと罪悪感で、俺は首吊りたくなっておくから!

 

ね!頼むわ! PTAもOECDもNHKも、よろしく!俺たち20代が高校生をビンタできる法律を作ってくれ!

 

これって危険思想?

ハイそうです。ごめん。許してください。 

あ、パトカーって意外と広いんすね。署? 署ってなんすか? 

えなんでドア閉めるんですか。どこ連れてくんですか?

は? 逮捕? 冗談きついっすよw

あ、これ手錠? リアルっすね~~ww

 

ブロロロロロロロロ・・・・・(そして、サイレンの音が鳴り始める)